優位感覚

優位感覚を活かしたコミュニケーション術

コミュニケーションにおいて
相手の心を掴むために

優位感覚を
理解し活用することが
重要です。

皆さんは
「優位感覚」を
ご存知でしょうか?

外部からの情報を受け取る際
私たちは耳、目、肌などの
感覚器官を使います。

しかし
どの感覚器官を
主に使って

情報を受け取るかによって
個々人の優位感覚が
生まれます。

本ブログでは
優位感覚を
活かして

コミュニケーション能力を
高める方法について
探ってみましょう。

優位感覚は
大きく分けて

「聴覚優位」
「視覚優位」
「体感覚優位」

の3つがあります。

聴覚優位の人は
音に敏感であり

聴覚優位

聴覚優位

相手の声のトーンや
言葉のニュアンスに
敏感です。

視覚優位の人は
物事を絵や図で理解しやすく
映像情報を好みます。

視覚優位

視覚優位

一方
体感覚優位の人は
体験を通じて学ぶことを好み

体感覚優位

体感覚優位

感覚に訴える表現を
理解しやすい傾向が
あります。

優位感覚を
活かすためのポイントを
4つ紹介します。

まず
相手の優位感覚に合わせた
言葉を使うことが重要です。

言葉

言葉

聴覚優位の人には
聴覚に関連した表現を
用いると

相手との
コミュニケーションが
スムーズになります。

次に
相手が
よく使う言葉を理解し

それに合わせて
自分の表現を
調整することも大切です。

表現

表現

これにより
相手との共感が
生まれやすくなります。

また
優位感覚を
利用してコミュニケーションする際は

相手の優位感覚に
合わせたアプローチを
取ることが効果的です。

アプローチ

アプローチ

視覚優位の人には
全体像を共有するように
話し

聴覚優位の人には
声のトーンに
注意を払いながら話すことで

相手との
コミュニケーションを
より深めることができます。

最後に
自分自身の優位感覚を
理解することも重要です。

自分自身

自分自身

自分の優位感覚を把握することで
相手とのコミュニケーションを
より効果的に行うことができます。

相手が
どの優位感覚を
持っているかを意識し

自分の優位感覚を活かしながら
コミュニケーションを行うことで
より良い対話が実現します。

優位感覚を
理解し
活用することで

コミュニケーション能力
を向上させることが
できます。

自分自身と
相手の優位感覚を
把握し

適切なアプローチを取ることで
より円滑なコミュニケーション
が可能となります。

是非
日常のコミュニケーションに
活かしてみてください。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【3月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【3月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月28日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【4月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【4月11日】自分軸を明確にし拡げるセミナー(オンライン)
【4月12日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【4月16日】自分を知り活かすセミナー
【4月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 優位感覚
  2. 行動
  3. 道は拓く
  4. 絶対に譲れない
  5. 5周年お花
  6. 立ち位置

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 成功への道
  2. 定量目標
  3. 目標設定
  4. 加速
  5. 日差し
PAGE TOP