参加者主体

これが良いミーティングの秘訣!参加者主体の成功術

ミーティングは
単なる情報交換や
意思決定の場だけでなく

参加者が積極的に関わり
議論を活性化させることで
成果を最大化することができます。

今回は
良いミーティングを
実現するための

重要なポイントを
まとめてみました。

①参加者のモチベーションを上げる

モチベーション

モチベーション

ミーティングが
活発に
なるためには

参加者のモチベーションを
高めることが
不可欠です。

事前準備や
アイスブレイクなど

モチベーションを
引き出す工夫が
必要です。

②全員参加

全員参加

全員参加

全員が
ミーティングに
積極的に参加し

意見を
出し合うことが
重要です。

誰一人として傍観者にせず
全員が責任を感じることが
大切です。

③個人攻撃を許さない

個人攻撃

個人攻撃

議論の中で
個人攻撃が行われることは
許されません。

ファシリテーターは
議論の進行をマネジメントし
建設的な意見交換を

促す役割を
果たす必要が
あります。

④スローダウンも必要

スローダウン

スローダウン

議論が白熱しすぎた場合は
スローダウンすることも
必要です。

適切なペースで会議を
進行させることが
重要です。

⑤スピードアップ

スピードアップ

スピードアップ

逆に
議論が停滞している場合は
スピードアップすることも有効です。

目標に向かって
効率的に進行させることが
ポイントです。

⑥休憩を入れる

休憩

休憩

参加者の集中力を保つためには
適切なタイミングで
休憩を取ることが必要です。

しかし
頻繁すぎる休憩は
会議の流れを乱すことがあるため

バランスを
考えることが
重要です。

⑦沈黙を扱う

沈黙

沈黙

沈黙は
意思決定の重要な要素ですが
適切に扱う必要があります。

ファシリテーターは
参加者の表情や態度を観察し
必要に応じて

議論を
促す役割を
果たします。

⑧変化球を投げる

変化球

変化球

活発な議論を引き出すために
ファシリテーターは
変化球を投げることが重要です。

提案や質問を通じて
新たな視点やアイデアを
引き出す努力が必要です。

これらのポイントを意識して
参加者全員が積極的に関わる
良いミーティングを実現しましょう。

良いミーティングは
参加者が
主役であり

ファシリテーターが
そのサポート役であることを
忘れないようにしましょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【3月9日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【3月11日】自分の特性を知り活かすセミナー
【3月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【3月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【3月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月28日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. ペーシング
  2. 改造
  3. 間食
  4. 未来
  5. 2つの方法
  6. 目的

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 魔法
  2. やりたい仕事
  3. バランス
  4. ピアノ教室
  5. アイスブレイク
PAGE TOP