前提

会話の達人になるために:相手の前提を聞き取る

会話の中で
あなたは
相手の発言から

どれだけ多くの
情報を
引き出せていますか?

一見
何気ない
会話の中にも

会話

会話

相手の思考や
感情が
隠されています。

そのカギを握るのが
「前提」を
聞き分ける能力です。

このブログでは
会話の中で相手の前提を
聞き取る技術について深掘りし

聴き上手に
なるためのヒントを
お伝えします。

会話の中で
「やっぱりそうですか」
というフレーズを

耳にしたことが
あるでしょう。

この言葉は
その人が何かしらの予想を
していたことを示唆しています。

予想

予想

そして
その予想が
的中したときに発せられるのが

「やっぱり、
そうなりましたか?」
という言葉です。

これらの言葉は
無意識のうちに立てた
予想が反映されています。

このような
微妙なニュアンスを
聴き取ることができれば

相手の内面や判断基準
価値観を理解する
手助けとなります。

例えば、
「また」「結局」「そんなこと」
といった言葉は

それぞれに
独自の前提
が隠されています。

「まだ、やるんですか?」
という表現を聞いたことが
ありますか?

この言葉には
「すでに、十分やったよ」という
前提条件が含まれています。

さらに深読みすると
「やりたくない」という
意識も見え隠れします。

やりたくない

やりたくない

また
助詞の使い方も
重要です。

「もう1回やります」と
「もう1回はやります」
では

同じ
「やる」という行為でも
前提が異なります。

前者は
単にもう一度やることを
示していますが

後者には
「もう一度はやるけれど
それ以上はやりたくない」

という
ニュアンスが
含まれています。

これらの違いを
聞き逃さないことが
聴き上手になるための第一歩です。

普段は何気なく
聴いている会話でも
意識的にアンテナを張ることで

暗黙の前提や
交換条件を含んだ前提が
見えてきます。

これらの前提は
一種の先入観とも
言えます。

先入観

先入観

この前提が
共通認識と
なっているのか

相手だけのルールや思い込みなのかを
明確にしておかないと
後々トラブルになることもあります。

例えば
仕事の場面で同意をしたものの
後になって

「そんな話は聞いていなかった」
とトラブルに
なることがあります。

これは
前提が共有されていなかったことが
原因です。

相手の持っている
前提を
聞き分けることで

より繊細に
相手の思いや感情を
感じ取ることができます。

また
聞こえてきた前提を
相手に伝えることで

相手も
無意識の前提に
気がつくことがあります。

これにより
相手とのコミュニケーションが
さらに深まり

お互いの
理解が
深まるでしょう。

では
実際に聴き上手になるためには
どうすれば良いのでしょうか?

①相手の言葉に注意を払う

注意を払う

注意を払う

相手の話す言葉
一つ一つに注意を払い
その背後にある前提を探ります。

例えば
「またその話?」と
言われた場合

その背後には
「もう何度も聞いた」という
前提があるかもしれません。

②言葉の選び方に注目する

選び方

選び方

相手が使う助詞や
言葉の選び方に
注目します。

先ほどの
「もう1回やります」と
「もう1回はやります」

の例のように
微妙な違いが
前提を明らかにします。

③前提を確認する

確認

確認

相手が何かを言ったとき
その前提を確認するために
質問を投げかけます。

「それはどういう意味ですか?」や
「なぜそう思ったのですか?」といった
質問を通じて

相手の
前提を
明確にします。

④前提を共有する

共有

共有

自分が理解した
前提を
相手にフィードバックします。

「あなたはこういう風に
考えているんですね」
と確認することで

相手も
自分の前提に
気づきやすくなります。

聴き上手になると
単なる情報の
やり取りではなく

相手との
深いコミュニケーション
が可能になります。

相手の
本当の気持ちや
考えを理解することで

より強固な信頼関係を
築くことが
できます。

また
前提を
共有することで

誤解やトラブルを
未然に
防ぐことができます。

人間関係

トラブル

「会話の中で前提を
聞き分けられて
いますか?」

これはちょっとした
推理ゲームのような
ものです。

楽しみながら聴き上手になることで
あなたのコミュニケーションスキルは
飛躍的に向上します。

ぜひ
日常の会話の中で
前提を意識し

相手の内面に迫る
コミュニケーションを
試みてください。

聴き上手になることで
あなたの人間関係はより豊かで
深いものになるでしょう。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【5月31日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【6月8日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【6月10日】自分を知り活かすセミナー
【6月12日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【6月14日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【6月25日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【6月28日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 時間
  2. ドーハの1ミリ
  3. 会話中の違和感
  4. 怒り
  5. コップ半分の水
  6. 目

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. メタバース
  2. 道しるべ
  3. 使命
  4. 受け取る
  5. 痛み
PAGE TOP