変わりたい

変わりたいのに変れないのなら○○を変えると変わられる

コーチングは相手の
行動変容を促す
スキルです。

人は仕事を含め
今まで人生の中で得てきた
物事の捉え方があります。

新たな行動を起こすとき
その捉え方が
障害となっているケースがあります。

そのときは
一旦、その捉え方を
脇に置くと

脇に置く

脇に置く

新たな視点を
得ることができます。

その上で、
以前の捉え方も含め
多くの選択肢の中から

選択

選択

再び選ぶことができれば
行動は変えられます。

もしくは
今までの行動を
さらに推進することができます。

この今までの
行動も含めることも
ポイントです。

変えることが
全てにおいて
ベストとは限りません。

変わらないことは
変わること以上に
大変なこともあれば

長い人生の中で
必要なことかも
しれないのです。

大事なことは
先ずは現状とゴールを
しっかり見据えること

このとき
視点をどれだけたくさん持つかが
ポイントとなります。

先日、ある方のコーチング場面

「今私は新たに始めたことがあります。
ちょうど鳥が飛び立つような感じです」

それに対して

「鳥の飛び立つときと
飛び降りるとときは

切り取ってしまうと
どちらか分かりませんよね」

飛び立つ瞬間

飛び立つ瞬間

この単純な質問で
相手は暫く目線が
中をさまよった上で

「その質問で気がつきました。
私が今始めたことは
私が一番やりたかったことで

やっと、そこにたどり着いた感じです。

そう思うと、
とても勇気がわいて
何でもできる気がします。

ありがとうございます」

この視点を変えることが
新たな行動を生みます。

場合によっては
その行動を力強く
推進する力になります。

「変わりたいのに変れないのなら」
視点を変えると変わられる」

色々な視点で現状や
それだけではなく
ゴールも見てください。

はっきり見ることができれば
行動は変えられます。

はっきり見えないときは
色々な視点を
第三者から貰ってください。

そのために私たち
プロコーチが存在しています。

長く悩んで行動できないのなら
視点を多く持つ
プロコーチに依頼することが

時間の節約になりますし
長いようで短い人生を
有意義に過ごせることになりませんか?

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【2月14日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【2月15日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【2月20日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【3月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【3月11日】自分とメンバーの特性を活かしあうセミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【3月13日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【3月13日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【3月22日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 質問
  2. フィードバック
  3. アメリカ暴動
  4. 自己成長
  5. 一対一の関係性
  6. 孫と共に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 力強いリーダーシップ
  2. ビジョン
  3. 人を引きつける話方
  4. 議論に絶対負けない法
  5. プレゼンスマネジメント
PAGE TOP