近道

現在の位置を確認することが、問題解決の近道って知ってましたか?

私たちは
日々、多くの問題や
課題を解決します。

でも、
どうしてもその解決法が
分らないこともあります。

そんなとき
どうしたら良いと
思いますか?

それが
現在位置を
確認することです。

「いや、分っているし」
と思ったあなた

本当に分っていますか?

問題解決するには
ゴールと現在地点との
ギャップを知ることが欠かせません。

特に
意外な盲点が
現在地点の把握です。

「今どこにいるのか?」
「どれくらい進んだのか?」
「次はどこに向かうのか?」

これらの
問いが
「現在位置の確認」です。

現在地点

カーナビがあれ
たちどころに
現在地点は分りますが、

初めての土地や
山の中では
自分の現在地は分らないもの

「どこにいるのか分らない」
と感じてしまうと

その感情は
恐れに変わります。

想像してみてください
ハイキングに行き
山中で道に迷ってしまったら

山中

想像しただけで
恐怖を感じます。

人は恐れを感じると
その行動は
停止します。

ある意味
行動停止は
身を守るすべかも知れません。

下手に動き回って
体力を消失するよりは
動かない方が体力は温存できます。

しかし、それとて
捜索隊が探してくれていないと
生きて帰れないかも知れません。

同じように
通常の問題解決においても
現状を明確にすることが重要です。

現状を明確にする
手段をお伝えします。

①自分ではどこにいるかを推測する
②具体的事実を確認する
③協力して現在地点を特定する

①自分ではどこにいるかを推測する

自分はどこいるか?

問題解決の場合
本人の思っている現在地点と
実際の現在地点が違うことあります。

例えば

「ゴールが100だとすると
現在地点はいくつですか?」

「60くらいです」

もし、ここで
コーチや上司から見て
実は「40」だったとすると

すでにここで
現状認識に
大きな差があることが分ります。

そこで
②具体的事実を確認する

具体的事実の確認

感覚的ではなく
事実に基づいて
具体的な状況を確認します。

出来ていること
出来ていないことを
一つ一つ明確にしていくと

自ずと
現在地点が
明確になっていきます。

それが
③協力して現在地点を特定する
です。

こうした作業は
道に迷った
ハイカーだけでは出来ません。

私たちのようなプロの
コーチがいれば
迷った道からでも抜け出せます。

如何ですか?
問題解決に行き詰まったら
コーチに連絡を取るのも

問題解決の
近道かも知れませんよ。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【11月9日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【11月14日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【11月14日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【11月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)
【11月20日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【11月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【11月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【11月29日】パワハラ防止法対応において企業に求められていること

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 日の出前
  2. 営業
  3. 行動変容
  4. 聴く
  5. 安心安全
  6. 思い込み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 人的資本経営
  2. ワールドカップ
  3. ドーハの1ミリ
  4. 人と会社
  5. 人的資本
PAGE TOP