自分軸

自分軸を持って人生豊かにしませんか?

「自分軸」とは
自分自身の持つ
「基準」です。

「基準」とは
自らの自尊心を保つための
行動や態度のこと

この「基準」が
はっきりすることで

自分自身で責任を取れる選択をし
建設的に行動でいるように
なります。

建設的な行動が出いれば
人生を豊かに出来ます。

豊か

そして、その基準は
高い方が良い

高い基準を持つ人は
どんな困難にも
立ち向かいます。

高い基準を持つ人には
周りが自然と
応援してくれます。

高い基準を持つ人を
世の中は
ほっていきません。

さらに
次のような
メリットがあります。

①自信を持って行動できる
②良い人が集まってくる
③自発的になる

①自信を持って行動できる

自信

高い基準は
揺るぎない軸を
創り出します。

そうすると
不安がなくなり
自信を持って行動できます。

自信に満ち溢れた行動は
更に多くの人の
賛同を生みます。

②良い人が集まってくる

人が集まってくる

高い基準を持つ人には
その強い光に吸い寄せられるように
良い基準を持った人が集まってきます。

すると
さらにエネルギーは
増幅していきます。

③自発的になる

自発的

高い基準を持つ人は
やらされ感ではなく
やりたいから動きます。

つまり
「have to」ではなく
「want to」になります。

この「ねばならない」発想から
「したい」発想では
雲泥の差が生じます。

そうですよね?

自分がしたいことって
時間を忘れて
没頭できます。

でも
高い基準を持つことを
出来ない人もいます。

例えば

高い基準なんて
自分には持てないと
思い込んだり

あるいは

現実のみに没頭して
そこから
離れられなかったり

そもそも
基準がなかったり

持っていても
それをなぜ持っているか
分っていない人がいます。

でも、
そんな人こそ
「高い自分軸」を持って欲しい

その為の質問です。

答えを
自分自身で
考えて応えてください

「あなたは誰ですか?」
「ひととはどのように接していますか?」
「どんな人生を歩みたいですか?」

この3つの質問を
繰り返し
3回以上繰り返してみてください。

そして
その答えを
書き出してみてください。

一番腑に落ちる言葉が
あなたが持ちたい
「自分軸」のヒントとなります。

来月
正に「自分軸」セミナーを開催します。

お時間が合えば
お越しください

【11月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【11月9日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【11月14日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【11月14日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【11月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)
【11月20日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【11月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【11月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【11月29日】パワハラ防止法対応において企業に求められていること

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 素直
  2. 未来志向
  3. Go Toキャンペーン
  4. 西広島駅
  5. 感情

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 人的資本経営
  2. ワールドカップ
  3. ドーハの1ミリ
  4. 人と会社
  5. 人的資本
PAGE TOP