キャンプイン

コミュニケーションはキャッチボールのようなもの

カープを初め
各プロ野球球団が
キャンプイン

また、熱い戦いを楽しみに、
なんの気兼ねもなく球場で
応援できると良いのですが・・・

野球のキャッチボールは
コミュニケーションに
例えられます。

先ずは
お互いが
始めようとする同意があります。

キャッチボール

キャッチボール

キャッチボールに
例えると当たり前ですが、

実際の会話では
どうでしょうか?

方や話す気満々
方や訊く気ゼロ
では会話は成立しません。

これは
コーチングでも
同じです。

上司であるあなたが
コーチングする気満々でも
受ける側の部下がその気がなければ

投げたボールは
受け取って貰えません。

こうして考えるとコーチする側が
受ける側と同意を交わしていることが
大事です。

やってますか?

上司と部下だから
コーチングして当たり前と
思って、突然始めていませんか?

流石に
上司と部下だと

上司が投げたボールを
受け取らないことは
しないかも知れませんが、

心の中では
ボールは後へ
スルーしているかも知れません。

また、
向き合って
取れるボールを投げていますか?

取れるボール

取れるボール

これも
キャッチボールに
例えると当たり前ですが、

相手が取れるボールを
投げていますか?

大人と子供
男と女であれば

男性側は
緩い球を投げますよね?

上司と部下も
同じではないですか?

相手が受け取れる
ボールを投げてこそ
コミュニケーションは成立します。

また
ボールは
同じですよね?

返すボールが分からない

返すボールが分からない

キャッチボールをしていて
突然、サッカーボールが
飛んできたらびっくりします。

そこには
共通言語が
必要です。

分からない言葉や
分かりにくい表現は

野球のボールが
いきなり
サッカーボールになったようなもの

相手の知識や
興味に応じて
受け取れる球で投げてください。

「コミュニケーションは
キャッチボールのようなもの」

キャッチボールは
楽しいですよね。

それは
お互いが投げ合うからです。

あなたのキャッチボールは
お互いが投げ合う
双方向になっていますか?

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【2月9日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【2月10日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【2月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【2月15日】自分軸を見つけるセミナー
【2月16日】Hello Flow ワークショップ(Zoomによるオンラインセミナー)
【2月17日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【2月19日,20日,26日、27日】Creative Practice Workshop L2 アカデミープログラム (Points of You®Practitioner養成講座)(Zoomによるオンラインセミナー)
【2月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 疑問
  2. オーダーメイド
  3. 馬車
  4. 富士山
  5. メール
  6. フィードバック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 聞き入れる
  2. 指示・命令
  3. 協力
  4. 母の日
  5. 地球ゴマ
PAGE TOP