自信をもって打つことが結果を生む

女子ゴルフツアー
ツアー選手権リコー杯第2日
宮崎県 宮崎CCで

勝みなみが
大会コース記録に並ぶ
「64」をマーク

しかも
ボギーなしなので
18ホール中8個のバーディー

パープレーが
夢の夢である
アベレージゴルファーからすると凄すぎ

インタビューでは
「自信を持って打つこと」
だそうです。

特にパットが
凄かった。

10メーターの
パットが
ポコポコ入った。

このコースでは
高麗芝と言って
芝目がきつく

芝目

本来なら
難しいグリーンに対し

迷わず
「自信を持って打った」
のが良かったとのこと

これって
人生に似ているなと
思いました。

人生において
我々は多くの迷いの中で
決断しています。

その決断が
ショットの半分近くで
バーディーとなる

好結果を
生むためには

ゴルフ同様
軸がしっかりしていなければ
なりません。

それが
「自分軸」

地球ゴマ

今は余り見かけませんが
地球ゴマなる
コマがあります。

外にフレームがあり
その中にコマが
上下点で固定されています。

回すと
中のコマだけが周り、
周り外のフレームは回りません。

非常に安定性が
高く

細い棒の上でも
回り続けます。

手に持つと
まるで意思があるかのごとく
重力を感じるほどです。

この自分軸があれば
難しい判断の連続である
人生においても

クリーンヒットが
打てるのです。

迷いのない
判断基準が
自分軸です。

ぶれないのが
自分軸です。

日和見に判断したり

損得で判断するのではなく

いついかなる時でも
同じ基準で

しかも
その人となりを
表す判断

「信念」とも
表現できます。

でも
この「信念」が
「思い込み」になっていたり

「自分勝手」
になっていては
いけません。

先ほどの
「自信を持って打つ」

これはただ単に
真っ直ぐ打つ
ことではありません。

風の状態や
池やバンカーの位置を
冷静に判断し

池・バンカー

芝目やグリーンの
傾斜をみて
打ってこそ

バーディーが取れるのです。

これは
人生においては
環境や他の人のことも考えることです。

このことを
考えないのもいけないし

考えすぎるのも
いけないのです。

だからぶれない
「自分軸」が
必要です。

来月
こんなセミナーを
開催します。

【12月12日】自分を知り活かすセミナー
【12月26日】自分軸を明確にし拡げるセミナー

両方とも
違う角度から
自分を見つめます。

応用して
子育てに
活かすのがこちら

【12月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方

自分と子供の軸を
見つけて育て方を
考えます。

自分軸を見つけて
活かしませんか?

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【11月29日】パワハラ防止法対応において企業に求められていること
【12月10日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【12月12日】自分を知り活かすセミナー
【12月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【12月14日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【12月20日】パワハラ防止法対応において企業に求められていること
【12月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【12月26日】自分軸を明確にし拡げるセミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 同調現象
  2. 深層心理
  3. 新入学
  4. 自律的な行動
  5. 聴き上手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. チームビルディング
  2. 井戸端会議
  3. 自分らしさ
  4. バラバラなチーム
PAGE TOP