ついつい「同じ」を押しつけていませんか?

人は
「同じ」を
好みます。

それは
太古の昔
生き延びるためには

「同じ」が重要で、
「違う」行動は
死を意味しました。

狩りに出かけたとき
皆と離れてしまっては
命を落とすかも知れません。

太古の昔

また、
人のコミュニケーションにおいては
「ラポール」と言って

ラポール

ラポール

「同じ」を
認識すると
親しやすくなります。

初対面の相手でも
故郷が同じであったり
同じ球団のファンだったら

一気に距離が
近くなった気になるのが
それです。

しかし、
これが高じると

「同じ」を相手に
押しつけることが
あります。

例えば

自分の子供に
必要以上に
干渉する親や

自分と同じやり方しか
認めないような
上司は

典型的な例です。

「価値観」や
「人生観」

あるいは
嗜好は
人それぞれです。

「味噌ラーメンが好き
嫌いな人とは
付き合いきれない」

味噌ラーメン

こんな人います。

私も
味噌ラーメンは
好きです。

無性に
食べたくなるときも
あります。

しかし、
だからといって
同じように好きでないと

付き合わないでは
付き合う人が
限られてしまいます。

これは
極端な
例ですが、

「価値観」が違って
居心地が悪い
相手がいます。

しかし、
だからと
言って

その相手を
排除してしまっては
もったいない

「多様性」を認め、
楽しむぐらいが
丁度良い

「違い」に目くじらを
立てるのではなく
「違い」を楽しむ

こんな生き方を
したいものです。

これは
夫婦関係にも
言えます。

「似たもの夫婦」

似たもの夫婦

これは
「同じ」で
結ばれた夫婦ですが、

中にはしょっちゅう
けんかしているんだけど
仲が良い夫婦があります。

これは
お互いの「違い」を
むしろ求めた結果です。

こうした夫婦の方が
面白いと
思います。

ちなみに
家は後者です。

ちょっちゅう
言い争ったり
しますが、

「そう考えるか!」
との驚きは
新鮮で

ある意味
飽きが
来ません。

「違い」を
楽しむ

そんなことが出来れば
戦争はなくなると
思うのは

飛躍しすぎ?

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【7月4日】Speech Technic Session〜体験セミナー〜
【7月13日】自分の特性を知り活かすセミナー
【7月14日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【7月14日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【7月18日】「経営「健康診断」100」セミナー
【7月19日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【7月22日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【7月23日】自分軸を明確にし拡げるセミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. プレゼンスタイル
  2. 優先順位
  3. キャッチボール
  4. 会議
  5. 好奇心
  6. 最初が肝心

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 成功への道
  2. 定量目標
  3. 目標設定
  4. 加速
  5. 日差し
PAGE TOP