痛み

痛みは成長の糧となり、恐れは麻痺効果をもたらす

痛みと
恐れについて
考えると

多くの人が
避けたいと
感じるものですが

実はそれぞれが持つ
役割や影響は
非常に重要です。

痛みは
成長の一部として
必要なものであり

恐れは
その成長を妨げる
可能性があります。

今回は
この二つの感情が
どのように我々に影響を与えるのか

について
掘り下げて
みましょう。

「痛み」という言葉を聞くと
誰もが嫌な思いを
抱くかもしれません。

しかし

痛みは
異常を知らせる
重要なサインであり

それがなければ
問題に気付かないまま
放置してしまう可能性があります。

例えば
虫歯の
痛み。

痛み

虫歯

誰しも虫歯の痛みは嫌ですが
もしその痛みがなければ
虫歯はどんどん進行し

最終的には
全ての歯がダメになって
しまうかもしれません。

痛みがあるからこそ
異常に気付き
治療ができるのです。

同じように
人生における「痛み」も
成長において欠かせないものです。

失敗

失敗

失敗や悔しさは痛みを伴いますが
これらの経験があるからこそ
人は成長できるのです。

アメリカの
調査によると

成功した
人々の多くが
成功の要因として

強烈な
失敗体験を
挙げています。

これは痛みが新たな視点を与え
成長のきっかけ
となることを示唆しています。

痛みを感じるとき
それは新たな視点を
得るチャンスでもあります。

新たな視点

新たな視点

痛みを感じたとき
なぜその痛みを
感じるのか

なぜそう思うのかを考えることで
新たな気づきを
得ることができます。

これは
一種のマインドの
転換であり

痛みを単なる
苦しみと
捉えるのではなく

成長の糧と
捉えることが
重要です。

「痛み」は
瞬時に視点を
変えてくれるものです。

例えば
失敗した直後は
痛みと悔しさに苛まれますが

その痛みが
未来を築く基盤となることを
考えると

未来

未来

その痛みも
悪くないと思えるのでは
ないでしょうか。

一方で
「恐れ」は人を
麻痺させる力を持っています。

恐れ

恐れ

失敗を恐れるあまり
行動を
起こさないことは

一時的な
安心を
もたらすかもしれませんが

それは同時に新たな
経験や気づきを
得る機会を奪います。

恐れによって感覚が麻痺し
何も行動を起こさない状態が続くと
成長の機会を逃してしまいます。

恐れは
未来に対する不安から
生じるものであり

その不安に
先回りして
心配することは

結果として
自分にストレスを
与え続けることになります。

これが続くと
心身共に疲弊し
感受性が鈍くなってしまいます。

恐れは
成長の最大の敵と
言っても過言ではありません。

もちろん
好んで痛みや失敗を求めるのは
変態かもしれません。

しかし
受けた痛みや
してしまった失敗を

苦しみから楽しみに
変えることができれば
人生は百倍楽しめるはずです。

痛みを糧として捉え
「傷み」から
明日を見出す。

このような
マインドを
持つことができれば

痛みも
早く忘れることができ
良いこと尽くめです。

痛みは私たちに
新たな視点と
成長の機会を与え

恐れは
その成長を
妨げる。

どちらも
避けることはできない
感情ですが

感情

感情

その捉え方次第で
人生の質は
大きく変わります。

痛みを恐れず
むしろ
その痛みから学び

成長することを楽しむ
姿勢を持つことが
豊かな人生を送る鍵となるでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【6月28日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【7月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【7月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【7月10日】自分の特性を知り活かすセミナー
【7月11日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【7月16日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【7月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. アフターフォロー
  2. 心地よい事
  3. 勝ち負け
  4. 質問
  5. アサーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 情熱
  2. 優先順位
  3. バイデン大統領
  4. コミュニケーション力
  5. 限界を超える
PAGE TOP