効果的

効果的なフィードバックには「Y」と「I」を使いこなすと良い

フィードバックには
2種類の伝え方があります。

それが
①Youメッセージと
②Iメッセージ

①Youメッセージ

あなた

あなた

Youメッセージとは
あなたを主語とする
メッセージです。

相手の行動や
状況を
あなたを主語にすることで、

客観的に
伝える伝え方です。

客観的に
伝えるには
より詳細に

記述的に
伝えることが
効果的です。

例えば
「あなたは楽しそうでは
ありません」

より

「あなたは何度も
ため息をついて
楽しそうではありません」

と伝えた方が
伝わります。

フィードバックは
時に相手にとっては
気がつかない視点となります。

気がついていない
相手に対し

「楽しそうでは
ないですね」と
伝えても

伝わりにくいのですが、

記述的に
事実を伝えらると

その事実を
受け入れざるを
得ません。

また、

そこに

伝え手側の評価や判断は
入れないようにすることも
重要です。

「あなたは性格が悪いですね」
「あなたは自分勝手ですね」
「あなたのやり方は間違いです」

あなたが主語でも
そこに評価や判断が入ると

例えそれが
事実としても
相手は受け取らなくなる可能性があります。

②Iメッセージ

私

Iメッセージとは
私が主語となる
伝え方です。

私を主語とすることで
相手から受け取ったものを
どのように見えたか

感じたかを
伝えるので、

より
強く相手に
印象づけることができます。

反面先ほどの
評価や批判にならない
注意が必要です。

また、
「I」メッセージなのに

「皆そう思っています」
とか

「普通はしませんよ」
のように
自分の言葉として伝えないと

かえって、
モヤモヤ感を
与えてしまうので、

「I」メッセージの時は
はっきり
自分を主語としてください。

主観的に伝えると
より強いメッセージと
なります。

反面、相手との関係性においては
受け取りにくくなる可能性もあるので、
意識して使ってください。

如何ですか?

「Youメッセージ」は
客観的事実を伝え

「Iメッセージ」は
主観的な思いを
伝えます。

この両方を
組み合わせると
より説得力のある伝え方になります。

「Y」と「I」
使い分けられますか?

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【6月10日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【6月14日】子どもの才能の見つけ方・育て方(オンラインセミナー)
【6月17日】フローに乗り続けるセミナー
【6月18日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【6月21日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【6月24日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 内面
  2. 受験生
  3. コロナ
  4. 気持ちを切り替える
  5. 虫の音
  6. 質問力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. テーマ
  2. 評価基準
  3. テーマ
  4. 主体的
  5. 信頼関係
PAGE TOP