変化適応力

未来を切り拓くための力、変化適応力とコーチング

皆さんは
変化への適応力を
どれくらい意識していますか?

過去数年にわたり
新型コロナウイルスの影響
原油高、円高

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス

そしてロシアの
ウクライナへの
軍事侵攻

ハマスとイスラエルの
戦争

そして、
地震などの
自然災害等

激動の時代が
続いています。

これらの外的要因に加えて
個人的な内的要因にも
変化への適応力が

求められています。

私は最近
ある経営者の会で
コーチングについての

お話しを
させていただく機会を
得ました。

その中で
「コーチングがなぜ必要か」と
問いかけることが

重要だ
と感じました。

経営者たちは
「経営をどうしたら
上手く進めるか?」

という視点からの
アドバイスを求めることが
一般的ですが

「コーチングって何?」
と理解されていない方も
いるかもしれません。

コーチング

コーチング

まず
コーチングの必要性について
考えていくと

それは社員に
「変化適応力」を
身につけさせること

にあると
考えました。

コーチングは
様々な問いかけを
通じて

社員の意識を
高めます。

例えば

新しい考え方・やり方の検討

新しい考え方

新しい考え方

「過去の体験によらず
常に新しい考え方や
やり方を検討していますか?」

という問い

これは
社員に変化への適応力を
促すものであり

柔軟性や
創造性を
高めます。

業務の委任

業務の委任

業務の委任

「仕事を自分で抱え込まず
他人に任せていますか?」
という問い。

自己過信や
一元管理が変化への適応を
阻害することに気づかせます。

異なる意見の理解

異なる意見の理解

異なる意見の理解

「意見が違う場合でも
理解しようとして話を
聴けていますか?」

これは
傾聴スキルを
向上させ

異なる視点を
受け入れることで
変化への対応力を養います。

学びの姿勢

学び

学び

「どんな相手からも
学ぼうとする姿勢が
ありますか?」

コーチングを通じて
学びの機会を
逃さず

変化に対する
前向きな姿勢を
醸成します。

現代の
ビジネス環境では

変化に適応する力が
経営において
不可欠です。

コーチングは
変化への適応力を
高め

組織全体を
柔軟で持続可能なものにする
手助けをしてくれます。

未来を切り拓くために
変化適応力を高めることが
求められています。

コーチングを通じて
組織や個人のポテンシャルを
最大限に引き出し

未知の未来に
果敢に
挑戦しましょう。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【1月23日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【1月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【2月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【2月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【2月15日】自分を知り活かすセミナー
【2月20日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【2月21日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【2月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. リーダー
  2. コミュニケーション
  3. 接客
  4. 見る
  5. 目標
  6. 提案力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. タンブラー
  2. 目標
  3. 伝わるフィードバック
  4. 鏡
  5. 伴走者
PAGE TOP