みんな

一般化からの解放!「みんなって誰ですか?」

言葉って
面白いもので、

自分の思っていることを
正しく伝えているとは
限らないことがあります。

例えば
月曜日が休日で
火曜日なのに

その日を
月曜日とか言ってしまったこと
ありませんか?

コーチングをしているとき
相手がそうした
思い込みで話していないか

アンテナを
張る必要があります。

アンテナ

アンテナ

その中でも
「一般化」は
注意が必要です。

「一般化」とは
「みんな」「いつも」「すべて」
と言った表現です。

例えば
2~3人しか言っていないのに

「みんなが言っています」
って言うことないですか?

みんな

みんな

「みんな」って
何人が言えば
「みんな」でしょうか?

半分以上が言えば「みんな」?

いやいや
「みんな」であれば
8割以上でしょう

色々解釈があります。

しかし、
聞いた人のニュアンスでは

「みんな」=「全員」
と解釈します。

それが
2~3人だとすると
話が違ってきます。

この
「みんな」を
意図的に使っていたり

あるいは
本人も
2~3人からしか言われていないのに

「みんな」と
思い込んでいることが
あります。

そういうときは
「みんな」って
「誰のこと?」って聞いてあげましょう

そうすることで
この思い込みから
解放してあげることが出来ます。

ほかにも
「いつも」とか
「ふつう」「すべて」も同じです。

「いつも話を聞いて貰えません」

「今週はいつそう事がありましたか?」

「そう言われても」

「今日は話を聞いて貰って
いたように見えましたよ」

「今日は聞いて貰えました」

「であれば
いつもではないですね」

「確かにそうですが
でも先週はまったく
聞いて貰っていません」

「そうですね。
先週は忙しそうでしたね
先々週はどうでしたか?」

このように
具体化していくと

「いつも」が
ごく一部を切り取った
言葉かも知れません。

とすると
問題点や
課題解決の方向性は変ってきます。

「一般化からの解放」

意識すると
聞き分けられます。

勢いで
判断するのではなく

思い込みは
人の常と
思い聴き取ってください。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【8月30日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【8月31日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【9月10日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【9月12日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【9月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【9月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【9月27日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【9月28日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 羽生結弦
  2. え!
  3. 感情
  4. 最悪
  5. 参加者
  6. コラボASAKAFE

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 鮮度
  2. タイプ
  3. ニッカ仙台工場
  4. 挑戦的な目標
  5. 拒絶
PAGE TOP