褒める

承認することは褒めるよりもっと奥深いのをご存じですか?

ひとは「承認」されると
がぜん、やる気が出ます。

こう言うと
じゃ「褒めよう」と
なるのですが、

「承認」と
「褒める」は
違います。

「褒める」は
「承認」の
ほんの一部なんです。

「承認」は
4つのタイプがあります。

①存在承認
②行為承認
③結果承認
④成長承認

①存在承認

挨拶

挨拶

この「承認」は
相手の存在を
認めるものですから

例えば
「挨拶する」であったり
「目を合わせる」であったり

もっと先に行けば
「仕事を任せる」
「お願いする」

これらも
「存在承認」と
なります。

「承認」は
頻回にすると
効果が高くなります。

これなら
毎日できますよね?

しかし、
これは
逆に

毎日しないと
「承認」していないことになり
モチベーションは下がってしまいます。

職場で「挨拶」していないひとは
いないですよね?

また
「仕事を任す」

これって
最高の「承認」ですよね?

このように
「存在承認」は
大変に意義のある「承認」です。

②行為承認

褒める

褒める

ここに「褒める」が
入ります。

相手の行為に
対する「承認」ですから
他にもあります。

例えば
何だと思いますか?

・・・

他には
相手の行為に対しての
反応となりますから

「お礼を言う」
「感謝する」
「拍手する」

等があります。

③結果承認

賞与

賞与

結果に対する「承認」なので
結果に対して
賞与であったり

表彰であったりが
これに当たります。

④成長承認

成長

成長

これは結果が出なくても
出せる「承認」です。

「目標には届かなかったけど
先月より達成率が良かったな」

とか
成長を「承認」するので
「結果承認」より頻回に出せます。

「承認」を
効果的にするには
下記の3点にご留意ください。

①即座に
②頻回に
③確実に

①即座に

即座

即座

「承認」は鮮度が
大事です。

承認すべき事実があってから
時間が経つと
その承認から得られる

「達成感」「満足感」は
半減します。

タイムリーな
「承認」に心がけてください。

②頻回に

頻回

頻回

「承認」は
回数が多いと
効果的です。

従って、
「結果承認」を待たずとも
「成長承認」であったり

「存在承認」で
数多く「承認」することが
効果的に「承認」することになります。

余談ですが、

「叱る」ことも
「承認」になることを
ご存じですか?

叱る

叱る

「叱る」ことは
相手をより良い方向に
向かわせるために

注意やアドバイスを
することですから

相手の存在を
認める
「存在承認」となります。

逆に
子供が自分の存在を
認めて欲しくて悪さをすることは

その現れですから
しっかり「叱って」ください。

それがないと
その悪さは
エスカレートします。

如何ですか?

「承認」って奥深いでしょ。

ひとが「やる気」を
起こすきっかけは
「承認」です。

効果的に
「承認」して
上げてください。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【8月22日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)
【8月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー【9月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【9月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月17日】才能を生かしたコミュニケーション セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月18日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月21日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【9月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【10月30日,31日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)(Zoomによるオンラインセミナー)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 相乗効果
  2. アフターコロナ
  3. 自主的行動
  4. 子供

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 自己理解
  2. 感情
  3. 感情のマネジメント
  4. 感情
  5. 多様性
PAGE TOP