流れ

面談で部下にやり込められない為のスキル

社員(部下)との面談で
何だが上手く
丸め込まれてしまったり

 

話がまとまらずに
行ったり来たりして
困ったことはありませんか?

 

そうならない為に
コーチングには
良いスキルがあります。

 

いわば、
面談の
ナビゲーションシステムです。

 

それが
コーチングフローです。

流れ

流れ

コーチングの流れですね。

 

 

私達コーチは
このコーチングフローを
絶えず意識しています。

 

大まかに言えば

 

 

下記の図がコーチングフローです。

コーチングフロー

コーチングフロー

①セットアップ
②ゴールセッティング
③現状の明確化
④ギャップの明確化
⑤行動決定
⑥フォロー

 

この流れを
面談でも意識すると

 

面談をスムースに
進めることが出来ます。

 

つまり、
部下にやり込められることが
なくなることにもなります。

 

①セットアップ

セットアップ

セットアップ

面談はお互いが
話し合う状態になっていて
成立します。

 

お互いが話し合える状態でするために
この時間があります。

 

②ゴールセッティング

ゴールセッティング

ゴールセッティング

これはテーマよっては
③現状の明確化から
進めることの方が良いケースもあります。

 

しかし、基本的には
先ずはゴールをお互いが
共有することがとても重要です。

 

この共有は完全共有してください。

 

中途半端な共有は
後に部下にやり込められる
原因となります。

 

例えば

 

「あなたの目標は何ですか」
「りっぱな営業マンになることです」
「それは、頼もしい。よろしくお願いします」

 

これは一見会話としては
目標を共有して言うように見えます。

 

しかし、
りっぱな営業マンって、何?

 

どんな、
営業マンがりっぱな
営業マンなんでしょう?

 

ここは
「ほう。りっぱな営業マンとは
どんな営業マンですか」

 

「はい。与えられた目標をいつでも
達成できる営業マンです」

 

「なるほど、でも、
私はあなたにはそれでも
足りないと思っています」

 

「何が足りませんか」

 

「あなたには自分の目標を
達成するだけではなく

 

他の営業マンにも影響力を
発信できる人間になってもらいたいと
思っています。」

 

如何でしょう?

 

この会話があって
初めて上司と部下の目標が
一致しています。

 

③現状の明確化

現状の明確化

現状の明確化

ここも確実に共有してください。

 

中途半端では
ここが部下にやり込められる材料を
提供してしまいます。

 

「部下にやり込められない」をテーマとすると
このゴールセッティングと現状の明確化は
とことん明確化しておいてください。

 

④ギャップの明確化

ギャップの明確化

ギャップの明確化

これは
ゴールセッティングと現状の明確化が
しっかりできていれば自動的に出来ます。

 

一つ、注意点は
この過程を飛ばして
行動の決定に行かないこと

 

つい、
ゴールセッティングと現状の明確化が
すむと行動に行きがちです。

 

ここも、しっかり押さえておかないと
あなたの感じたギャップと
部下の感じたギャップは違うかもしれません。

 

 

⑤行動決定

行動決定

行動決定

ここまで来れば
後は行動を決めるだけ。

 

しかし面談は
部下の行動変容があって、
成立します。

 

ここも、ギャップの明確化で
安心せず、
しっかり決めてください

 

⑥フォロー

確認

確認

やりっぱなしは良くありません。

 

かならず、その結果を
確認しましょう。

 

如何ですか?
これが面談に使う
コーチングフローです。

 

 

面談の時間によっては
今日は
「現状の明確化」をしましょうとして

 

 

細切れで、
進めることもあっても
良いです。

 

 

しかし、全体の流れ(フロー)は
飛ばすことなく確実に押さえながら
進めてください。

 

 

さあ、この手順を踏めば
部下に振り回されることもなく
確実に目標達成に向けた面談が出来ます。

 

 

そうすれば、
あなたへの信頼は更に増して
いい関係が作られますよ。

 

 

頑張ってください。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【3月6日】売らない営業セミナー
【3月7日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【3月24日】カードを使ったコーチング体験会
【3月25日】自分軸を知って活用するセミナー
【3月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月2日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【4月6日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月15日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【4月18日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 動機
  2. 質問の種類
  3. リーダー
  4. お通夜
  5. テーラーメイド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 引き寄せ
  2. 乗り越える
  3. 最悪
  4. ビジョンを描く
  5. あった~
PAGE TOP