提案

部下への提案は悪いことなの?

コーチングで部下に提案する

 

さて、このフレーズを聞いて
皆さんはどう思いましたか?

 

 

これは

 

コーチングを勉強している方と
そうでない方で意見が
分かれると思います。

 

コーチングを
勉強した方からすると
提案はご法度なんです。

 

え!
どういうこと?
ですよね。

え!

え!

コーチングは
相手のやる気や意識を
引き出して

 

自主的に行動する
サポートをすることです。

 

とすると、
提案は
自主的ではないですよね。

 

特に
新米コーチはついつい
提案してしまいがちです。

 

皆さんにも
心当たりないですか?

 

良かれと思って
部下に提案。

 

「良いじゃん。
それで、成果が出るのであれば」

 

そうなんですよ。
私も最初は
そう思ってました。

 

でも、
はっきり断言します。
違います。

 

何故なら。

 

提案することで、
まず、部下は思考停止。
それからは提案を待つようになります。

思考停止

思考停止

 

更に、

 

もしかするともっと良い考えを
あなたは奪っているかも
しれないのです。

良い考え

良い考え

では

 

提案を出すことはいけないことか?

 

これが、
上級テクニックを使えば
そうではないのです。

 

ここからが
大切。

 

上司が出す提案は
最終提案ではなく
呼び水とするのです。

 

最終提案は
部下の思考力を奪い
新たな発想の芽を摘んでしまいます。

 

そうではなく
部下が
行き詰ったとき

 

上司からの提案は
新たな発想を生む
種となります。

 

「こんな考えもあると思うんだけど
どうかな?さあ、これ以外にも
別な考え方はないだろうか」

 

これなら、良いですよね。

 

でも、
もっと良くするためには

 

提案するときは
必ず、部下に提案しても良いか
訊きましょう。

 

つまり、
行き詰っているから提案。

 

しかし、部下は考えているだけで
行き詰っていないかも
しれません。

 

提案するときは
断ってから
これも上級テクニックです。

 

さて、あなたも
提案上手。

 

でも、基本は
部下からの自主的な
意見を待つのが基本です。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【3月24日】カードを使ったコーチング体験会
【3月25日】自分軸を知って活用するセミナー
【3月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月2日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【4月6日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月15日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【4月18日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 違い
  2. 勝ち負け
  3. 認める

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 継続
  2. 時間を取る
  3. アイデア出し
  4. 信頼
  5. やる気
PAGE TOP