こんな時こそ正しく課題を共有してほしい

7月31日に国内
コロナ新規患者数が
1,580と最多を更新

 

今週初めに
8月中には
2,000人越えを予想しましたが、

 

来週にも超えそうですね。

 

こうした発信を
不謹慎とする人も
いるかもしれません。

 

確かに不確かな情報で
国民の不安を煽るのは
良くありません。

 

しかし、
今の政府のコロナ対応は
逆に

 

不安を
抱かなければならない
状況なのに

 

不安を
起こさないように
しているように感じるのは私だけ?

 

分科会から
感染状況に関する
分類が発表されました。

コロナ感染状況分類

コロナ感染状況分類

それによると
日本の現状は
まだ「感染ゼロ散髪段階」だそうです。

 

え?!

え!

え!

そうなの?
1日の新規患者数が
1,500を超えているのに?

 

感染症の専門家の観点から見て
余りにも現状を
過小評価していませんか?

 

コロナは潜伏期間を
考慮すると2週間前の状況が
今反映されています。

 

GOTOキャンペーンは
7月22日に開始されましたが
まだ、先週の話です。

Go Toキャンペーン

Go Toキャンペーン

とするとその
2週間後は
8月5日

 

行動を抑制すべき時期に
行動をするように
呼びかけたのですから

 

当然コロナ患者は
増えます。

 

残念ながら
来週には
国内で2,000人を超えるでしょう。

 

申し遅れましたが
私はメディカルリスクマネジャーの資格を
持った、医療安全の専門家です。

メディカルリスクマネジャー

メディカルリスクマネジャー

前職では医療機関で
医療安全講習会の講師で
1,300回以上講習をしてきました。

 

その内100回以上は
「感染症対策」も
話をしてきました。

 

コロナウイルスのような
呼吸器感染症の感染経路は
二つ

 

「飛沫感染」と
「接触感染」

 

この二つとも
患者自身が媒体と
なりますので、

 

患者自身が
出歩かないことと

 

流行時期には
そうした人と
接触しないように

 

外出自粛を
することが
重要です。

人混みが増えている

人混みが増えている

しかし、患者を特定する
PCR検査も不十分

 

行動抑制どころか
行動促進する
GOTOキャンペーンも開始され

 

政府の対応は
遅いどころか
間違ったメッセージを発信しています。

 

これって、
皆さんの会社は
組織では如何ですか?

 

コロナで大変な
打撃を受けているのに
「うちは大丈夫だよ」って言っていませんか?

 

それって、
今の政府と同じでは
ないですか?

 

本当に大丈夫なら
良いのですが、
実は火の車!!!

火の車

火の車

だとすると、
正しい情報を
社員には伝えるべきです。

 

なぜなら会社が傾き
倒産や人員整理となれば
社員が一番の当事者です。

 

であれば
正しく情報を伝えることが
会社を一つにする最善の方法です。

 

社長の日ごろの
言動によりますが、

 

社員は思った以上に
会社に愛着を持っています。

 

このときに
ぜひしてほしいことがあります。

 

それは
発信の仕方

 

「うちの会社は厳しい」

 

という不安を
抱かせるような
発信ではなく

 

「生き残るために
いま必要なことは何か?」
とか

 

「考えらえることは
全てしたい。
何かないか?」

 

こうした未来へ向けての
行動を問う発信を
してください。

 

社長だけが
胃を痛くして悩んでいるのではなく
社員と課題を共有するのです。

 

この
「課題を社員と共に
共有する」は

 

組織の中での
社員自身の責任や
役割を自覚させることとなり

 

組織への参画意識
もっと言えば
経営者感覚を生むことが出来ます。

 

このコロナ禍は
100年に1度の事件です。

 

でも、それを
100年後に振り返った時

 

「あの時、全社員一丸で
頑張ったから
今の会社があるんだよ」

 

って言える
そんな状況を作るには
「課題の共有」が欠かせません。

 

未来へ向けた
課題の共有を
全社員に向けしましょう!!!

 

ピンチはチャンス

 

コロナが会社の改革を
早回しでしてくれています。

 

今こそ、
社員と共に
全社一丸で

 

改革をしていきましょう。

 

そのお手伝いを
するのが
わが社です。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守で誰にも知られずにパーソナルコーチングも行っております。
コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【8月8日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【8月10日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー(オンラインセミナー)
【8月19日】カードを使ったアイデア発想法(Points of YouⓇ体験会)
【8月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(オンラインセミナー)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 習慣
  2. 楽しむ
  3. お盆
  4. 未来
  5. 中間面談

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. お盆
  2. 正の連鎖
  3. 透也
  4. リーダー
  5. 自責
PAGE TOP