成果確認

成果確認は終了時だけでなく、途中でのチェックがもたらと効果大

成果確認は
いつ行われて
いますか?

組織や個人の活動において
成果確認は
欠かせないものです。

多くの場合
これは
プロジェクトやタスクの終了時に

行われることが一般的ですが
果たしてそれだけで
十分なのでしょうか?

成果確認は
単に成果を確認するためだけの
ものではありません。

その重要な
役割について
考えてみましょう。

役割

役割

途中での
成果確認が
もたらす効果

何かを成し遂げる
という意欲や
モチベーションは

成功や達成感を
感じたときに
高まります。

目標に向かって進む中で
途中での成果確認は
非常に重要です。

途中での成果確認が
もたらす効果は
大きいです。

成功を実感することで
より一層のやる気や
意欲が湧きます。

また
途中でのチェックポイントを
設けることで

目標達成への
モチベーションが
持続しやすくなります。

さらに
途中での成果確認は
目標設定や

計画の
修正にも
役立ちます。

目標に対する進捗状況を把握し
必要に応じて
計画や行動を修正することで

目標達成への道筋を
より確実にすることが
できます。

途中での
成果確認の方法

方法

方法

途中での成果確認を行うためには
計画時にチェックポイントを
設定することが重要です。

これにより
目標に向かって
進む過程での

進捗状況を
定期的に確認することが
できます。

また
成果確認の方法は
定量的なものであるほど効果的です。

進捗状況を
具体的な数値や
データで把握することで

より客観的な
判断が
可能になります。

途中での成果確認は
スタート時、中間
そして終了時に行うことが理想的です。

特に中間の成果確認は
目標やプロジェクトの
性質に応じて

適切な頻度で
行うことが
重要です。

成果確認の結果
一見成果が上がっていないように
見える場合でも

スタート時の状況と比較することで
進捗状況を客観的に
把握することができます。

まとめ

まとめ

まとめ

終了時だけでなく
途中での成果確認を
行うことが重要です。

途中でのチェックポイントを設定し
定量的な方法で進捗状況を
把握することで

目標達成への道筋を
より確実なものにすることが
できます。

成果確認は
何もないように
思える小さな行動でも

大きな成果を
生むことが
あります。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【4月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【4月11日】自分軸を明確にし拡げるセミナー(オンライン)
【4月12日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【4月16日】自分を知り活かすセミナー
【4月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. コーチ
  2. 環境が変わったとき
  3. 協力
  4. 3分クッキング
  5. 都知事選スタート
  6. 誘導

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 成功への道
  2. 定量目標
  3. 目標設定
  4. 加速
  5. 日差し
PAGE TOP