メンバーの方向性をそろえる(個からチームへ)

マイクロソフト社が
数年前に人事評価システムを
変えたのをご存知ですか?

 

世界的な企業の
この会社は以前は
徹底した個人評価

 

2:7:1の法則により
A優秀、B普通、C劣るで、個人を
評価し、Cは翌期にはいなくなるそうです。

下位1割

下位1割

それが、チーム評価に
変更

 

その評価基準は

 

①自分の才能を使ったか

②他人の才能を引き出したか

③チームとして最高のパフォーマンスを
あげるために貢献したか

 

①だけが個人評価で
残りはチームへいかに貢献したかの
評価です。

 

最強のチームを創るには
強い個とチームワークが
必要です。

 

以前は
下位の1割に入らために
協力体制はゼロ

 

そりゃそうです。
下手にノウハウを教えて
自分がその下位に入っては失業します。

 

流石にそれは
まずいということで、
上記評価に変わったわけです。

 

この決断を
皆さんはどう思いますか?

 

これは
正にチームビルディングを
評価に取り入れたことになります。

 

チームビルディングが
出来ているチームの特徴は
以下の3点

 

①メンバーが
自律的・主体的である

自律的・主体的

自律的・主体的

②お互いが強く
つながっている

繋がる

繋がる

③全員の向かう方向が
揃っている

同じ方向に向かう

同じ方向に向かう

この強い個(自律的・主体的)に加え
チームとして繋がり
同じ方向に向かう

 

人事評価から
変えています。

 

あの巨大企業が出来ました。

 

皆さんの会社は
変わらないのですか?

 

「自分だけが良くて、
周りがダメだと最終的に
何が起きますか?」

 

「周りを良くするために
あなたが出来ることは
ありませんか?」

 

「あなたはお金のためだけに
仕事をしているのですか?」

 

これって、
仕事の本質に
関わることです。

 

人口減少、AI
予期できぬ時代の変化

 

これらの荒波を
乗り越えるためには

 

早急なチームビルディングが
必要ではないですか?

 

私たちACTASは
こうしたチームの力を
高める研修に力を入れています。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【2月12日】 自分軸を知って輝くセミナー
【2月12日】 カードを使ったコーチング体験会
【2月16日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【2月19日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【2月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今度のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 限界
  2. 理容店のコロナ対策
  3. 企業カラーの車
  4. 誘導

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. ポケコン
  2. 伝え方
  3. 親子
  4. お願い
  5. ハチ
PAGE TOP