絶対に譲れない

あなたにとって絶対に譲れないものは何ですか?

この問いはある会社の
新人研修で
行った問いです。

”絶対”ですから
その人の
こだわりです。

この質問は
二つの目的が
あります。

一つはこの問いから
その人の価値観を
知ること

価値観

もう一つは

この後その回答を
「別な言葉にするとどうなるか」
を再質問します。

そのことで
自分のビリーフ
を見直す目的があります。

ビリーフとは
「信念」であったり
「思い込み」です。

絶対に譲れないことが
「信念」で
あった場合

信念

信念

言い換えることで
それは「承認」
となります。

新人でまだ
なじんでない中で
自分のこだわりを知ってもらことで

お互いを承認し合う
雰囲気を
作るためです。

またそれが
「思い込み」で
あった場合は

周囲の人によって
「リフレーミング」を
起こし

リフレーミング

考え方を楽な方に
変える目的が
あります。

実際に出た
答えを少し
紹介します。

「私の絶対に譲れない
こだわりは
白線を踏まないです」

白線

「???」
周りの人は
疑問符だらけ

これを話した新人さんは

「野球部だったとき
先輩・監督から
白線は絶対踏むなと教わり

それが今でも
続いています」
と言うものでした

「うむ、これは
言い換えるのが難しいな」
と思っていたら

同じく
新人さんの
一人が

「それは言い換えると
○○さんは一つのことをずっと
守り続ける誠実さがあるってことですね」

と言い換えたのです。

これには
最初に答えた
新人もびっくり

そして
いつしか
にやけていました。

いや、正にお互いを知って
承認する良い雰囲気が
創れました。

別な新人さん

「私は人前で話すのが
苦手です。だから絶対に
最初に意見は言いません」

人前で話すのが苦手

おっとこれは会議には積極的に
参加しないというカミングアウトかと
思ってていると

別な新人さんが

「それは、慎重に答えたいだけで
最初でなければ意見を
言うと言うことですよね」

と言い換えたのです。

これに対し

「はい、その通りです。
意見は言いますが最初には
言わないだけでちゃんと参加します。」

と自分の思いを
しっかり
伝え合っていました。

いかがですか
「絶対に譲れないこと」
って「信念」であれ

「思い込み」であれ

それを周囲に人には話すことって
とて大切だとは
思いませんか?

お互いを
理解し合い
承認し合い

場合によっては
アドバイスし合ってより良い方向に
向かうことができます。

さて、皆さんの
「絶対に譲れないこと」は
何ですか?

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【2月16日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【2月18日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【2月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【2月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【3月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【3月15日】自分軸を知り活かすセミナー
3月16日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【3月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー【3月29日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 会話の中の違和感
  2. リーダー
  3. 生活習慣
  4. 現状を探る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 成功への道
  2. 定量目標
  3. 目標設定
  4. 加速
  5. 日差し
PAGE TOP