BLOG

「ハワイのどんなことが良かったですか?」この答えで相手のタイプが分かります。

優位感覚と言う言葉を
ご存知でしょうか?

 


人間の5感は
(聴覚、視覚、触覚、味覚、臭覚)
ですが

 

五感

五感


この感覚情報は
人によって
活用の比重が異なります。


ここでは、
話を分かり易くするために


触覚、味覚、嗅覚を
体感覚として
一つにまとめます。

その人が
最も優先的に情報を得ている感覚が
優位感覚と呼ばれます。

この優位感覚を知ることで
コーチングが的確に
相手に届けられます。

 

例えば、
あなたがハワイに
行ったとします。


「ハワイのどんなことが
良かったですか?」
と聞かれ


あなたは何と答えますか?
3択でお答えください。

 

①「ワイキキビーチから見た夕日が忘れらないよ」
②「海辺で聞こえる波の音が最高でした」
③「何と言っても、スキューバダイビングに興奮したよ」

 

色々なシチュエーションがありますが、


①と答えたあなたは視覚優位
②と答えたあなたは聴覚優位
③と答えたあなたは体感覚優位
の可能性が高いです。

 

これは、
繰り返し別な質問を
しても同じように


視覚優位の人は
視覚情報で話を
します傾向があります。

え!

え!

 

例えば、


「知識を得る時は本を読む、
講義を聞く、体験する。
どれが一番好きですか」


さて、どの回答でしたか?


先ほど、
①の「ワイキキビーチから見た夕日が忘れらないよ」
の答えの人は


「本を読む」
だったりしませんでしたか?

 

こうして、


何気ない会話から
相手の優位感覚を探り
それをコーチングに使うのです。

 

この優位感覚を
コーチングに
使うポイントです。

 

①相手の優位感覚に合わせた問いかけをする
②相手が使う表現を自分も使う
③自分の癖を知る

 

①相手の優位感覚に
合わせた問いかけをする

 

例えば
視覚優位な人には


「どんな感じに見えますか」
「どんなビジョンを描いていますか」
「あなたの未来はどんな姿ですか」


と映像で語り掛けると
聞いてもらいやすいです。

 

これを
「あなたはどんな人だっと言われたいですか」
「今の気分はどんな感じですか」
とすると答えにくくなってしまいます。

 

②相手が使う表現を
自分も使う

 

優位感覚によって、
よく使う言葉があります。


例えば

視覚優位:「○○のように見える」
聴覚優位:「○○のように聞こえる」
体感覚優位:「○○な感じ」

 

こんな口癖を
自分も会話の中に入れると


いわゆるペーシング
(相手に合わせる)効果が
高まります。

 

③自分の癖を知る

 

私たちは全ての相手と
波長を合わせる必要が
あります。


だから、
自分がどの優位感覚を
持っているか、知って、


その癖を
上手くマネジメントすることも
必要です。

 

しかし、
この優位感覚は訓練によって
均等にすることが出来ます。


どの感覚からも
情報を得られうように、
意識して


自分の癖を
マネジメントすると、


よりスムースに
コーチングに活かすことが
出来ます。

 

如何ですか?


優位感覚を上手く使えば
自然と相手と距離が
近くなると思いませんか?

楽しい会話

楽しい会話

最後までお読みいただき
ありがとうございます。
 
私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。
 

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」
 
これが私共の
キャッチフレーズ
あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【10月16日】カードを使ったコーチング体験会
【10月19日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【10月21日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【10月22日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【10月31日】感情にフォーカスしたコーチングセミナー(Points of You®体験会)
【11月7日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【11月9日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【11月12日】自分と相手の特性を活かしあうセミナー
【11月16日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)
【11月22日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【11月25日】カードを使ったコーチング体験会
【11月28日】可能性を探る(Points of You体験会)

今度のセミナー
https://actas.blue/seminar/
お問い合わせ先
https://actas.blue/seminar-form/

関連記事

  1. 詰問
  2. Feedback
  3. 驚き
  4. 行動評価

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 昭和天皇即位の礼
  2. 365日ブログ
  3. やる気に満ちた職場
PAGE TOP