小さなネジの大きな夢があるからビジネスが拡大する

今年のNHK朝ドラは
町工場の女の子が
パイロットになる物語かと思いきや

死んだお父さんの
夢を果たす
物語のようです。

そこで
出てくるのが
この

「小さなネジの大きな夢」

これは
企業理念と呼ばれる
ものです。

企業理念

この企業理念は
良い理念ですよね。

短いながらに
思いが込められています。

大きな夢とは
「飛行機の部品を作る」
です。

たった1本の
ネジでも

飛行機となれば
普通の機械より
厳しい基準が要求されます。

その為には
技術力もさることながら
会社の規模も求められるので、

正に
「夢」ですよね。

先週のストーリーでは
主人公の舞ちゃんが
社長であるお母さんを誘って

航空機産業参入支援セミナーに
参加したことから
物語が大きく進展しました。

その勉強会に
たまたま来ていた
大企業の部長さんが

舞ちゃんの発言から
声をかけるのですが、

これは
たまたまの
シンデレラストーリーではないのです。

荒金部長

セミナーで
経営体力の乏しい中小企業が
航空産業に参入するアイデアが求められました。

そこで彼女は技術力のある中小企業が
力を合わせれば良いと
発言したのです。

これに反応したのが
大企業の荒金部長です。

ここが
単なるシンデレラストーリーでは
ない点です。

彼女は
魔法で
たまたま舞踏会に行ったのではなく

自分で
お父さんの夢を
叶えようと

また早いという
社長である
お母さんとこのセミナーに来ています。

つまりは
自分でこの大企業の部長さんと
会う機会を作っているのです。

しかも
航空産業に参入する大きな
壁である

経営体力をどう
克服するかについて
自分の意見を持っていました。

そこになかなか部品調達が
上手く進まないと悩む
大企業の部長がいたのです。

「発信」をするから
目にとまったのです。

これも
お父さんの作った
「企業理念」があればこそ

いつかは
飛行機の部品を作りたいとの
彼女の思いがあったので

日頃から
考えていたからこそでは
ないでしょうか?

さて、
皆さんの会社には
「企業理念」がありますか?

そして、その理念は
社員一人ひとりが
理解していますか?

この物語では
社長の娘の
舞ちゃんでしたが、

もし、
この企業理念を
一人ひとりの社員が理解していれば

その社員が
同じように大企業の部長さんを会社に
呼び込んでくれるかも知れないのです。

そうすれば
チャンスは格段に
拡がります。

今、幹部社員研修を
ある会社で
行っているのですが、

抜き打ちで
「企業理念」を
一番若手の幹部社員に聞いたところ

ちゃんと
答えてくれました。

こういう会社さんなら
幹部育成も
しがいがあります。

「企業理念」
大事です。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【1月31日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【2月8日】パワハラ防止法対応において企業に求められていること
2月13日】自分軸を知り活かすセミナー
【2月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【2月16日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【2月18日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【2月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【2月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. テーマ
  2. 楽しい仲間
  3. リーダー
  4. 孫プール

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 効果的
  2. 質問の軸
  3. 気兼ね
  4. ニキビ
  5. 質問
PAGE TOP