行動変容

社員(部下)は切っ掛けではなく〇〇で動く

経営幹部の皆さん
社員が望ましい行動を
取ってくれたら

 

これほど嬉しいことは
ないですよね。

 

今日はその方法を
お伝えします。

 

人の行動原理を
ABCモデルで
ご紹介します。

 

ABCモデルとは

 

ABCモデル

ABCモデル

A;Antecodents誘発要因
B;Behavior行動
C;Conseqences行動結果

 

人の行動は全て

 

誘発要因→行動→行動結果

 

のサイクルで動きます。

 

誘発要因とは
行動を促す要因となるもの

 

単純には
お腹がすいた
→食事に行く

食事

食事

経営上では
スローガン・事業計画
報奨制度等

 

そうですね

 

だから分かりやすい
スローガンにしたり

 

具体的な事業計画を
考えたり

 

メリハリのある
報奨制度を
会社は用意します。

 

ところが
思ったほど成果が
出ていないことはないですか?

 

その原因はこの行動原理を
正しく理解していないことが
挙げられます。

 

実は
先ほどの矢印は
未完成です。

 

行動結果の次に
→はまた誘発要因に
戻って来て完成です。

 

つまり
行動を起こさせるために
誘発要因だけを考えるのではなく

 

行動結果が
その誘発要因に
紐つくようにする必要があるのです。

 

例えば
スローガン

 

作っただけに
なってませんか?

 

毎朝
全員で唱和して
終わってませんか?

 

スローガンが
生きたものに
なるためには

 

そのスローガンに
行動結果が影響していなければ
意欲に繋がりません。

 

つまり、
スローガンに沿って
行動することで成功した

 

お客さんから
感謝された

 

との具体的「行動結果」を
体感させることが

 

スローガンに沿って
行動しようと
思えるのです。

 

報奨制度にしても
そうです。

 

本当に頑張れば
正しく評価され
報奨が貰えて初めて機能します。

 

 

誘発要因ではなく
行動結果に
目を向けてください。

 

 

それは
成功体験や
失敗体験です。

 

いい経験や
悪い経験は

 

だからもっとやろう

 

 

だからこれはやめておこうと

 

 

次の行動に繋がるのです。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【3月24日】カードを使ったコーチング体験会
【3月25日】自分軸を知って活用するセミナー
【3月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月2日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【4月6日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月15日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【4月18日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. ビジョン
  2. ポジティブ質問
  3. 見た目
  4. 隣のハナミズキ
  5. ゲーム依存

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 国家安全法
  2. 会話の中の違和感
  3. 拡散と収束
  4. ショートコーチング
  5. 現在進行形
PAGE TOP