BLOG

やる気

社員(部下)がいつもやる気になる仕組みをご存知ですか?

社員・部下が絶えず、
目標に向かって
行動して欲しいと

 

思っている
経営者・
管理職の皆さん

 

これを明確にすると
飛躍的に継続率が上がる方法を
お伝えします。

 

 

それは・・・

 

成果と行動を
明確化することです。

明確化

明確化

具体的には

 

昨日のブログで
行動原理のABCモデルを
ご紹介しました。

 

↓↓↓
「社員(部下)は切っ掛けではなく〇〇で動く」
https://actas.blue/abcmodel/

 

そこでご紹介したのは

 

「人が行動を起こすのは
行動結果が大切」

 

つまり、結果が得られれば
その体験が次の行動を
引き起こします。

 

さて、
皆さんはその結果を
明確に分かるようにしていますか

 

 

例えば

 

 

「顧客満足度を上げる」
「生産効率を上げる」
「組織活性化に寄与する」

 

 

顧客満足度が
上がるとは
どういう状態?

 

生産効率が上がるとは
どんな指標で評価?

 

組織活性化に寄与するとは
何をもって、それを判断?

 

顧客満足度を詳しく
考えてみます。

 

顧客満足

顧客満足

一般的に、顧客満足度は
アンケート調査が
あります。

 

しかし、それは
全体的評価はあっても
部門・個人別にはありまません。

 

個別評価は
何で評価しますか?

 

顧客からの
礼状を評価対象にするのも
ありでしょう。

 

お勧めはこちら

 

管理者が顧客満足を
上げるためのスキルを
評価します。

 

しかし、
主観に頼っていては
不満が出ます。

 

その評価基準を
明確にしましょう。

 

具体的には
顧客満足度を
上げる行為を標準化します。

 

低い順から
1.挨拶ができる
2.笑顔で対応できる
3.声掛けが出来る
4.お困りごとに積極的に
対応できる
5.お困りごとを察知して
対応できる。

 

これらの項目を明確にしておけば
評価時に
本人も納得できる評価となります。

 

なによりも
すべきことが
明確になります。

 

他には
こんな事例もあります。

 

ある企業さんでは
「良いねカード」を
導入しました。

良いねカード

良いねカード

客さんが
喜んだり、満足している様子を
見かけたら

 

それを
「良いねカード」に
書いて出すのです。

 

出された人は1ポイント
出した人も0.5ポイント加算。

 

このポイントがボーナスに
反映されます。

 

出した人も
気にかけることで
意識が高まります。

 

如何ですか?

 

結果・行動を明確化することの
重要性を分かって
頂けましたでしょうか?

 

あとは
あなたが行動を
起こすだけです。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【3月24日】カードを使ったコーチング体験会
【3月25日】自分軸を知って活用するセミナー
【3月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月2日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【4月6日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月15日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【4月18日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 双方向
  2. モチベーション
  3. 五感
  4. チーム
  5. ハワイ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 苔テラニウム
  2. さくら
  3. 自己観察
  4. 感情
  5. 怒る
PAGE TOP