アンガーマネジメント

人生を楽しむアンガーマネジメントの勧め

皆さんはかっとなって
後で後悔したことは
ありませんか?

かっとなる

かっとなる

怒りにまかせた行動は
得るものは
何もありません。

そこで、
求められるのが
アンガーマネジメント

私も以前は
こう見えて
かっとなって後悔したことが何度もあります。

でも
今は
滅多にありませn。

アンガーマネジメントを
身につけたからです。

そもそも
怒りとは
何でしょうか?

怒りは
我々の日常生活において
不可避な感情の一つです。

そうなんです。
アンガーマネジメントと言って
怒りを抑えることはできません。

だって、
嬉しいとか
悲しいと同じ感情です。

押さえ込むのは
無理があります。

しかし
怒りが適切に
コントロールされない場合

それは
関係や健康に悪影響を
及ぼす可能性があります。

ここで重要なのは
怒りそのものを
否定するのではなく

それを適切に管理し
建設的な方法で処理する方法を
見つけることです。

それが
アンガーマネジメントの
要点です。

アンガーマネジメント

アンガーマネジメント

アンガーマネジメントは
怒りを
理解し

適切に対処するための
スキルを
開発するプロセスです。

その目的は
怒りが暴力や破壊的な
行動につながることを防ぎ

代わりに
健康的で建設的な
行動に導くことです。

アンガーマネジメントの
基本原則の一つは
怒りを完全に抑え込むのではなく

その感情を受け入れ
適切な方法で
処理することです。

アンガーマネジメントの
スキルを身につけるためには
まず自己認識が欠かせません。

自己認識

自己認識

自分がどのような状況や
出来事に対して怒りを
感じるのか

またその怒りの表れ方や
影響を理解することが
重要です。

自己認識を高めるためには
日記をつける
メディテーションをする。

日記

日記

または
専門家の支援を受けるなどの
方法があります。

次に重要なのは
怒りの管理技術を
身につけることです。

怒りを
感じた時に
冷静さを保ち

自制心を持って
対処する方法を
学びます。

たとえば
怒りがピークに達した時には
怒りを一時的に退場させる方法を身につけることです。

具体的には
カウントバック
(百から逆に数える)

カウントバック

カウントバック

深呼吸を
する。

魔法の呪文を
唱える。

これは
自分に取って
一番落ち着く言葉を

かっとなった
時に唱えるもので、

「なんとかなる」
「しょうがない」
等の言葉です。

そして
お勧めなのが
自分の器を大きくすること。

自分の器を大きくする

自分の器を大きくする

怒りの感情は
実は
二次感情です。

と言うのは
例えば

約束に遅れてきた
部下がいたとします。

「上司を待たせるなんて
とんでもない部下だ」
と怒りが沸いてきました。

でも
この怒りの前には

「部下は上司を待たせてはいけない
上司を待たせるなんて
上司を敬っていないからだ」

と言った
感情がその前に
あるのです。

この「敬われていない」
→「悲しい」と言った
一時感情が怒りを生んでいます。

もしここで
「部下は上司を待たせてはいけない
しかし、何かあったのかもしれない」

と思うと
怒りよりは
心配の感情を感じるはずです。

お分かりでしょうか?

「部下が遅刻をした」
状況は同じでも
一次感情の持ち方で

怒りもすれば
心配もするのです。

怒りの沸点を下げたり
怒りを感じない感性を
身につけたりするのが

アンガーマネジメントの
要点です。

アンガーマネジメントは
怒りを
否定するのではなく

それを適切に管理し
建設的な方法で処理するための
スキルを提供します。

これにより
個人は
より健康的で幸福な人間関係を築き

より効果的にストレスを管理し
より充実した人生を送ることが
できるでしょう。

人生を楽しむのは
あなた次第です。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【3月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【3月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月28日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【4月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【4月11日】自分軸を明確にし拡げるセミナー(オンライン)
【4月12日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【4月16日】自分を知り活かすセミナー
【4月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 目標
  2. ストレスに強くなるには
  3. 聴き上手
  4. 聞き出す
  5. ミーティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 成功への道
  2. 定量目標
  3. 目標設定
  4. 加速
  5. 日差し
PAGE TOP