声

伝わる「声」の使い方を知っていますか?

伝達力を高めるための
視覚要素に次いで重要なのが
「聴覚要素」

つまり「声」です。

同じ内容を伝えでも
その「声」の使い方で
印象を大いに変えることができます。

その三大要素が
「トーン」「スピード」
「大きさ」です。

「トーン」

例えば
明日の商談準備で
頑張っている部下に対し

「頑張ってるね
君ならできる」

これを
「君なら出来きる」を
声のトーンを落として言うのです。

トーン

「テノール」から
「バス」に落とすぐらいの
イメージです。

そうすると
同じトーンで言うよりも
印象に残ります。

「スピード」

スピード

これは時速100kmから
時速20kmに落とす感じで
話すスピードを落とすことです。

歴史上の名スピーチで
よく使われます。

キング牧師の
「私には夢がある」

このくだりでは
「I have a dream」

ゆっくり
しっかりした口調で
本当に「夢」を持っていると感じさせます。

最後に
「大きさ」

声の大きさ

これは
よく使われますよね。

「我が社は
来年には上場します」

キーフレーズを
力強く強調することで
決意の強さが伝わります。

50デシベルから
80デシベルに
する感じです。

これらの強調によって
同じ文章でも
意味すら違ったものになります。

例えば

「花子さんが
太郎さんに
ペンを貸しました」

この何の
変哲も無い
文章を

花子さんが
太郎さんに
ペンを貸しました」

と「花子さん」を
声のトーンと
スピードを落として言えば

何か訳ありに聞こえます。

また

「花子さんが
太郎さんに
ペンを貸しました


「ぺんを貸した」を
強調すると

「え!あのケチな花子さんが
貸したの?」
なんて意味にもなりますし

さらに

「花子さんが
太郎さん
ペンを貸しました」


「太郎さん」と「ペン」を
強調すると

「え!あの仲の悪い太郎さんに
貸したの?何かあったのかな」
なんて意味にもなります。

人前で
スピーチをする場合
何を強調するか

「トーン」「スピード」「大きさ」
のどの強調を使うか
考えてみてください。

きっと印象に残る
良いスピーチが
できますよ。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【3月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【3月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【3月15日】自分軸を知り活かすセミナー
3月16日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【3月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー【3月29日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 気づき
  2. 不明確さ
  3. 脳
  4. 村岡選手
  5. 誘導

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 加速
  2. 日差し
  3. やりたいこと
  4. 目標達成の鍵
  5. 目標設定
PAGE TOP