伝える

伝えたいことを更に伝えるには相手に○○を立たせることを意識してください

皆さんの伝え方が良くて
ビジョンが伝わっとします。

 

でも、
こんな経験ないですか?

 

「全体的にビジョンは浸透ししてきた。
しかし、一部のメンバーはまだ、
伝わっていない感じがする」

 

 

この時

 

「色々なメンバーがいるから
全員に伝わらないのは仕方ない」
と諦めていませんか?

諦める

諦める

確かに、余り全員を意識しすぎて
時間を浪費するのは反って、
非効率です。

 

しかし、
少しでも多くのメンバーに
伝わった方が良いに決まってます。

 

じゃ、
全員に伝わらないのは
何故か?

 

それは、
「伝える側」ではなく
「受け取る側」の状態にヒントがあります。

 

つまり、
受け取る側のアンテナが
ちゃんと立っているかが問題です。

 

これって、
他責にしてしまうと
それで終わってしまいます。

 

それを自責にしてすると
どうなるでしょう?

 

それは
受け手のアンテナを
鍛えることです。

鍛える

鍛える

具体的には
「相手に自分で考えさせる
質問をする」こと

 

ビジョンを共感を持って伝え、
それを一人一人が
自分のものにする為には

 

それぞれが自分の事として、
考えることが重要となります。

 

これは
ある企業研修での
お話です。

 

マネージャー層に
相手に自分で考えさせる質問の
大切さを伝え、実践してもらいました。

 

結果

 

「マネージャーは部下にに考えさせるような質問をするようになった」
「命令・指示ではなく、自分で考えさせる質問が増えた」
との回答が得られました。

 

しかし、
こんな回答も寄せられました。

 

「マネージャーはビジョンを
しっかり伝えるようになった」

 

実はマネージャーたちは
ビジョンを伝えようとする自覚は
ありませんでした。

 

なぜを考えさせる質問を
しただけでビジョンが伝わったと
感じたのでしょうか?

 

元々、
ビジョンはその組織が
なすべき方向性を示します。

 

それに沿って、
メンバーに自分で
考える質問をすることは

 

結果として
ビジョンを浸透させることに
なるのです。

 

そして、それは、
メンバーがビジョンを受け取る側の
アンテナに影響を与えたのです。

 

ビジョンを
伝えようとの
意識ではなく

 

ビジョンをいや、
自分たちのやるべき仕事は
何かを考えさせる質問が

 

メンバーのアンテナを
より高くすることに
寄与することになるのです。

 

あることを
伝える時の原則

 

それは、
「相手の立場になる」
ことです。

 

「ビジョンを伝える」は
伝え手側の発想

 

しかし
「ビジョンを自分の事として考える」は
受けて側の発想になるのです。

 

仕組は手を掛けずに
行える仕掛けです。

 

「自分ならどう考え、動くのか」の
問いを投げかけるのは
直ぐに出来ますよね。

 

たったそれだけで、
ビジョンは更に
浸透してくのです。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【2月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月3日】《子育て支援セミナーワークショップ》(Points of You体験会)
【3月6日】売らない営業セミナー
【3月7日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【3月24日】カードを使ったコーチング体験会
【3月25日】自分軸を知って活用するセミナー
【3月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【4月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 双方向
  2. フィードバック
  3. ぼんやり
  4. 運気を上げる
  5. Go Toキャンペーン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. ビジョンを描く
  2. あった~
  3. 測定
  4. 目標達成
  5. ファシリテーション
PAGE TOP