ゴリラ

霊長類で白目があるのは人間だけだって知ってましたか?

ここまでプレゼンスマネジメント
の中でも視覚的要素について
お話ししてきました。

今日がその最後です。

人間は白目を持つ
唯一の霊長類と
言われています。

ゴリラもチンパンジーも
確かに白目がありません。

同じ霊長類なのに
これって何か理由が
あるのでしょうか?

進化

進化

進化の過程を考えると
白目は何かの
役に立っているはずです。

しかし、
白目があることで
目線が読まれてしまいます。

敵対する相手からすると
目線が読めることは
有利に働きます。

本能的に動いていた
ころの人間は
目線が読まれてしまう

ハンディー以外に
何かメリットがあるのでしょうか?

研究者によれば
「白目があることで人は
相手の行動を読めるようになった」

そうです。

それは獲物を捕獲するとき
白目によって連携が
出来るようになったと言えるのです。

原始時代の狩り

原始時代の狩り

一人では勝てない相手でも
連携すれば
獲物を獲得できるのです。

白目があることで
目からの情報が
格段と増えました。

信頼、怒り、悲しみ
喜び、安心、自信

様々は内的情報が
目を通して相手に
伝わります。

ここで
大事なことが
あります。

これらの目からの情報を
気にせず発するのか

その目からの情報を
しっかりマネジメントするかは
あなた次第です。

「ものを言わずして
意識的に相手に
気持ちを伝える」のか

「感情を察知されてしまって
相手に気持ちを読まれてしまう」
かは使い方次第

折角進化の過程で
得た能力です。

上手く使っていきましょう

さて、明日からは
プレゼンスマネジメントの
聴覚要素についてお話ししていきます。

つまり、
話し方や声について
お話していきます。

魅力的で影響力のある
話し方を手に入れたくありませんか?

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【3月31日,4月14日,23日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)(Zoomによるオンラインセミナー)
【4月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【5月8日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【5月10日】自分とメンバーの特性を活かしあうセミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【5月13日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【5月15日,16日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)(Zoomによるオンラインセミナー)
【5月22日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【5月25日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【5月26日】子どもの才能の見つけ方・育て方(Zoomによるオンラインセミナー)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. ファシリテーション
  2. Louis Vuitton1
  3. ベジタリアン料理
  4. オーダーーメイド
  5. 富士山
  6. 信念

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。

最近の記事

  1. 解剖
  2. 防御
  3. ストレスコントロール
  4. スパイス
  5. 前へ前へ
PAGE TOP