表現

自分が思っていることを表現できていますか?

皆さんは自分が思っていることを
相手の立場や態度に影響されることなく
表現できていますか?

自分が思っていることを端的に伝えて
望ましい行動を起こさせる
能力はどれだけありますか?

親しい関係の
相手であれば
できていも

高圧的な
上司や

高圧的な 上司

年上の部下や
年下の上司では
如何ですか?

年下の上司

言いたいことが言えなかったり
変に忖度して伝えるべきことを
伝えられないことはないですか?

これらを変えてくれる
スキルに
「アサーティブネス」があります。

「アサーティブネス」は

人は自己主張をすることで
良好な人間関係を築くことができるとの
考え方から成り立っています。

このスキルは
アメリカで開発されたと
言われています。

当時は、
自己主張が苦手な人の
表現方法として開発されました。

多様な人種の中で
個人の自己主張が求めらられる
文化的な背景からこのスキルが生まれました。

日本人は
自己主張をしないことで
良好な人間関係を築くことが多かった。

では
この「アサーティブネス」は
日本人には合わないのでしょうか?

いいえ
日本人で
あっても

「Win-Winの関係を築きたい」
「お互いが気持ちよく
意見交換したい」

との思いは
誰しも持っているのは
ないでしょうか?

私の前職(製薬会社)で
お世話になっていた
医療機関では

他職種間での
積極的な
コミュニケーションが求められます。

このコミュニケーションスキルとして
「アサーティブネス」の必要性は
高く

このスキルは
医療をより安全に提供するために
欠かせないものとも言えます。

私はそうしたニーズに応えるために
メディカルリスクマネジャーの資格を取得し
医療安全の観点から

この
「アサーティブネス」の
ワークショップをしばしば開催してきました。

「自分が思っていることを
相手の立場に影響されることなく
表現したい方」

そんな思いの方が
あれば、人材開発コンサルタント
ACTASまでお問い合わせください。

相手の立場や感情を
壊すことなく

自分の思いを
伝えられるように
致します。

これは
医療安全の
観点だけでなく

良好な
コミュニケーションを
取る必要のある

あらゆる職種で
活かされるべきスキルです。

遠慮なく
ご相談ください。

あなたとあなたの仲間を
笑顔に変えます。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【8月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【8月16日】自分を知り活かすセミナー
【8月17日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【8月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【8月23日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【8月29日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 猛獣との闘い
  2. 率先垂範
  3. 自分軸
  4. 負の連鎖
  5. 第16回セミコン広島大会優勝

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 情熱
  2. 優先順位
  3. バイデン大統領
  4. コミュニケーション力
  5. 限界を超える
PAGE TOP