受け手の視点

効果的なフィードバックの秘訣 – 受け手の視点から考える

フィードバックを提供する際
主語の使い方が
非常に重要です。

主語を意識することで
伝えたいメッセージが
相手に伝わりやすくなります。

一般的に
「Youメッセージ」と
「Iメッセージ」

YouメッセージY

Youメッセージ・Iメッセージ

の2つの
アプローチが
あります。

まず
「Youメッセージ」は
客観的な視点から

情報を
伝える
方法です。

相手の行動や状況を
客観的に
指摘することで

感情や評価を加えずに
フィードバックを
提供します。

これにより
フィードバックを
受け取る側が

情報として
受け取りやすく
なります。

ただし
一部の人に
とっては

物足りないと
感じる場合も
ありますが

感情ではなく
情報として
フィードバックを

情報

情報

望む人に
とっては
最適な方法です。

一方
「Iメッセージ」は
主観的な視点から

自身の感情や
意見を
伝える方法です。

こちらは
自分の感情や見解を
率直に述べることで

より強い
メッセージを
伝えることができます。

ただし
情報ではなく
感情や感覚で

感情

感情

フィードバックを
受け取りたい人にとって
有効です。

大切なのは
どのように
伝えるかではなく

相手が
どちらの方法を
受け取りやすいかです。

相手の
視点を
第一に考え

適切な方法を
選択することが
重要です。

そして
フィードバックを
提供する際には

以下の留意点も
忘れては
なりません。

まず
相手がフィードバックを
求めていることが重要です。

求めている

求めている

求めていない場合
フィードバックはかえって
お節介になってしまいます。

また
タイミングも
重要であり

タイミング

タイミング

適切な時に
フィードバックを
提供することで

その価値を
最大限に
引き出すことができます。

さらに
フィードバックを
受け取った人が

行動を変えられる
可能性があることも
大切です。

行動を変える

行動を変える

行動を変えられない
フィードバックは
意味がありませんので

相手の行動変容が
可能な点も
留意しておくべきです。

いずれにせよ
相手のために
フィードバックを

提供するかどうかを
考えることが
大切です。

効果的なフィードバックは
双方がより良いコミュニケーションを
築くための重要な要素です。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【3月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【3月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【3月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月28日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【4月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【4月11日】自分軸を明確にし拡げるセミナー(オンライン)
【4月12日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【4月16日】自分を知り活かすセミナー
【4月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 人生百年時代
  2. 話す
  3. チャンク
  4. 目標達成
  5. 質問

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 成功への道
  2. 定量目標
  3. 目標設定
  4. 加速
  5. 日差し
PAGE TOP