「褒める」と「承認」の違いが判ると。コーチングが上達します。

この女性をご存じですか?

コーチングゲームと呼ばれている
Point of You®の開発者の一人
ヤーロン氏です。

 

 

先週、山梨で、直接指導を受け
Practitionerの認定を受けてきました。

 

濃い2日間でした。

 

年内には
私もこの講座を
開催しますので、楽しみにしてください。

 

さて、コーチングといえば

 

コーチングの本幹は「承認」です。

 

コーチングの目的は
クラアントさんの目標達成や課題克服をサポートし
自ら行動するお手伝いをすることです。

 

目標達成や課題克服に
最も効果的なスキルが「承認」です。

 

「傾聴」は「承認」する情報を得るため

 

聞き上手

聞き上手

「質問」は「承認」をより効果的に演出するため

 

効果的な質問

効果的な質問

コーチングとカウンセリングの
もっとも端的な違いは

 

「承認」と「受容」にあります。

 

さて、
ここで、タイトルの
「承認」と「褒める」の違いは何だと思いますか?

 

「褒める」は「承認」の一種です。

 

ですが、大きな違いがあります。

 

「承認」は相手に「気づき」を与えます。

 

「褒める」は
その上に自分の良い評価を伝えます。

 

例えば、

 

「目標を達成したね」(承認)
「目標を達成して、凄いね」(褒める)

 

「あなたのアドバイスは役に立ちました」(承認)
「あなたのアドバイスは的確で、素晴らしい」(褒める)

 

「承認」は相手の変化や成長に気づき、
「あなたの存在に気付いているよ」と
メッセージを送ることで

 

相手のやる気を促します。

 

一方、「褒める」は
相手への評価が加わります。

 

無論、
「褒める」ことでも、
やる気をうながします。

 

しかし、
評価するのニュアンスが強く表れると
「評価する人/される人」の図式ができ、

 

メッセージが
受け取りにくくなることも
あります。

 

この違いを分かって
使い分けてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

 

 

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

 

 

これが私共の
キャッチフレーズ

 

 

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

 

 

私は
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

 

 

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

 

 

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

 

【8月21日】Talent Focus詳細解説セミナー
【9月7,8,14日】 Points of Youトレーナー養成講座
【9月16日】Talent Focusプラクティショナー養成講座
【9月17日】 自分らしさを見つけるセミナー(Points of YouR体験会)
【9月24日】Talent Focus詳細解説セミナー
【9月28日】Point of Youエバンジェリスト養成講座

 

 

今度のセミナー
https://actas.blue/seminar/

関連記事

  1. 引きこもり
  2. 米国大統領選挙2020
  3. 選択し続ける
  4. 現状の明確化
  5. 頑張りすぎ
  6. ソーシャルディスタンス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 主観的
  2. 嬉しい
  3. 批判
  4. チーム
  5. ポケコン
PAGE TOP