認める

承認の仕方を覚えればあなたも褒め達!!!

これまで、
承認することの大切さを
お伝えしてきました。

 

それでは、
それをどう伝えたら良いかの
4つの伝え方をご紹介します。

 

①You メッセージ
② I  メッセージ
③We メッセージ
④Theyメッセージ

 

これらの違いを
理解して有効に使ってください。

 

この使い分けができると
相手をやる気にさせる
褒め達になれます。

満足

満足

 

①You メッセージ

 

これは
客観的な事実を
伝える伝え方です。

 

受け取り手のタイプによっては
客観的ではなく、
主観的に伝えた方が効果的な方はおられます。

 

しかし、大げさに承認されるよりも
客観的に承認される方が真実味があり
効果的な方もおられます。

 

これは、
相手をよく観察して使
い分けてください。

 

Talent FocusⓇ分類では
(「コーチングが上手くなるコツ」参照)
https://actas.blue/howtocoaching/

 

主観的な承認が効果があるのは
「木」「火」

 

客観的な承認が効果があるのは
「金」「水」です。

 

「土」は両方のタイプがいます。

 

しかし、
以前にもお伝えしたように、

 

「承認」≠「褒める」ですので、

 

「承認」でも
相手の出来ていないことを
承認することがあります。

 

従って、ネガティブなフィードバックで
承認する場合は特にこの
「Youメッセージ」が有効です。

 

おさらいですが、
ネガティブフィードバックも
伝え方で立派な「承認」になります。

 

② I  メッセージ

 

これはあなたの感じた気持ちを
伝えるものです。

 

「あなたがいてくれて、嬉しい」
「あなたのお陰です。感謝します」

 

しかし、
この時に評価まで
加えてしまうと、

 

相手のタイプによっては
抵抗感をいだかせてしまうかも
しれませんので、

 

注意してください。

 

「素晴らしい成績です。よく頑張ったね」
(上から目線)

 

「狙い通りでしたね。あなたらしいよ」
(え!何が私らしい?)

 

③We メッセージ

 

仲間意識や
一体感を感じさせる伝え方です。

 

「あなたの成功は我々の誇りです」
「あなたの発言は我々に大きな刺激となったよ」

 

一気に相手との距離感を
縮めたいときに有効です。

 

④Theyメッセージ

 

第三者の言葉を
借りての承認です。

 

「お客さんの評判がいいよ」
「Aさんが今回の件でとても喜んでいたよ」

 

タイプによっては
誰から承認されたかが重要な
場合があります。

 

特にTalent FocusⓇの
「火」「土」のタイプは
「誰」からが重要です。

 

如何ですか?

 

「承認」の仕方の4パターン。

 

意識的に使いこなしていきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

 

 

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

 

 

これが私共の
キャッチフレーズ

 

 

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

 

私は
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

 

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

 

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

 

【9月5日】質問の質が人生の質を変える~マインドセットラボ~
【9月7,8,14日】 Points of Youトレーナー養成講座
【9月16日】Talent Focusプラクティショナー養成講座
【9月17日】 自分らしさを見つけるセミナー(Points of YouR体験会)
【9月24日】Talent Focus詳細解説セミナー
【9月26日】ご縁会(自分らしく生きるために必要な3つの要素)
【9月28日】Point of Youエバンジェリスト養成講座

 

今度のセミナー
https://actas.blue/seminar/

関連記事

  1. 上司の叱責
  2. 憂い
  3. 高校野球
  4. 勝ち負け

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 忠告
  2. 主観的
  3. 嬉しい
  4. 批判
  5. チーム
PAGE TOP