井戸端会議型チーム

井戸端会議型チームを成果の出るチームにするには

人間関係で課題のある
組織のタイプは
コミュニケーション基盤の観点で
4つに分けられます。

①孤軍奮闘型
②井戸端会議型
③仲良しサークル型
④軍隊型

①孤軍奮闘型とは
もうチームではなく
個々の集まり

②井戸端会議型は
仲が良いだけのチーム

③仲良しサークル型は
チームとして成果を出しているが、
凄い成果になっていない

④軍隊型は
リーダーがやたら強く
下がついてきていないチーム

今日はこの中でも
②井戸端会議型を
取り上げます。

井戸端会議型チーム

井戸端会議型チーム

チーム形成に置いて
先ずは「安心の場」創りが
大切です。

これがないと
①孤軍奮闘型になり
チームとは全く言えません。

しかし、
リーダーがそればからりに気を取られ
「安心の場」創りだけしていると

仲が良いだけの
チームになってしまいます。

そのチームでは
何が起こっているか?

メンバーは
居心地の良い職場で
安心して仕事が出来ます。

しかし、
お互いにサポートし合う
習慣がなく

さらには
成長できる
環境になっていません。

ストレスがなく
気軽にコミュニケーションを
取り合うので、

目の前のちょっとした
仕事の助け合いはあり

ちょっとした悩み相談や
愚痴などが交わされて
良いガス抜きも出来ています。

ただし、リーダーに
メンバーを成長させようとする
意識がないために

1+1を2以上にする
意識がありません。

良くも悪くも
メンバーからリーダーは
「無害な存在」となっています。

大きな問題点はないが
本来のチーム力を
発揮できていません。

このチームの最大の問題点は
成長志向の強い社員から
辞めていくことです。

怖くないですか?
やる気のある社員から
辞めていくって

一方で、成長意欲の低い
社員は居心地が良いので、
辞めません。

こうなると
チームの活力は
益々失われていきます。

このチームに活力を与えるには
このチームが「協業の場」と
なることです。

「協業の場」にするための
キーワードは

「自己重要感」です。

自己重要感

自己重要感

自己重要感とは
自分がチームに
必要な存在と感じる感覚

自分がチームから
認められているという
安心感

この「自己重要感」が
あると何が起こると
思いますか?

自分がチームにおいて
必要とされていると
思うと

その能力や知識を
使いたくなります。

なぜなら使うことで
よりその「自己重要感」が
増すことになるからです。

また、この「自己重要感」が高い人は
他者も認める傾向があります。

そうすると
認められた相手も
「自己重要感」が増します。

こうなると「承認」が「承認」を生んで
いわゆるスパイラルアップが
生まれます。

スパイラルアップ

スパイラルアップ

さて、どうしたら
この「自己重要感」が増すかですが、

それは
お互いの関係性を
深めることです。

それには
お互いを知るために
自分の能力や知識をオープンにし

またお互いが
それを理解することで
その関係性は増します。

皆さんは
お互いのチーム員同士のことを
知っていますか?

家族構成や
仕事への夢や希望を
知っていますか?

チーム員の「生まれ持った才能」を
知っていますか?

「生まれ持った才能」が
わかれば、仕事上での
承認が増えます。

なぜなら、「生まれ持った才能」は
得意分野ですから
その仕事をお願いすれば

成果がいち早く
出るため
「承認」の機会が増えるからです。

この
「生まれ持った才能」が
分かるテストがあります。

それが
弊社が扱っている
タレントフォーカステストです。

100問ほどの問題に答えるだけですので
10分ほどで終わります。

判定はその場で出ます。

ご自分そして
メンバーの「生まれ持った才能」
知りたくないですか?

知りたい方は
下記の「お問い合わせ」に
ご連絡ください。

知るための
手順をご連絡いたします。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【3月31日,4月14日,23日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)(Zoomによるオンラインセミナー)
【4月9日】自分とメンバーの特性を活かしあうセミナー
【4月10日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月14日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【4月18日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【4月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. アイデア出し
  2. ビジョンを描く
  3. 晴れやかな気分
  4. コーチング
  5. 相乗効果
  6. Points of YouⓇL1ワークショップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 会議開始時
  2. 聖火最終ランナー
  3. 生命保険信託
  4. スポーツの日
  5. 海の日
PAGE TOP