コミュニケーション力

コミュニケーション力を高めるにはスキルを知るだけでは足りません。何が大切だと思いますか?

コミュニケーションの観点で
成功しているリーダーと
失敗しているリーダーとでは

活用している
スキルの
タイミングに差があります。

成功しているリーダーは
メンバーとの関係性の状況に応じて
スキルを段階的に使っています。

一方で

失敗しているリーダーは
メンバーとの関係性に応じた
対応が出来ていませんでした。

つまり
スキルをいくら勉強しても
その使うタイミングを間違えると

失敗すると言うことです。

タイミング

タイミング

コミュニケーションの
スキルには

受容する
共感する
関心を持つ
理解しようとする
期待・要望を伝える

こうしたスキルがあります。

また
関係性の観点から
メンバーの状況は

安心している
自信を持っている
行動する

この3つのステージがあります。

これらの
スキルを使うタイミングは

例えば
「受容する」「共感する」
スキルは

メンバーの
「安心している」レベルを
高めるときに使います。

安心

安心

また
「関心を持つ」
「理解しようとする」スキルは

メンバーの
「自信を持っている」を
高めるときに使います。

自信

自信

そして
「期待・要望を伝える」
スキルは

メンバーの
「行動する」を
促すときに使います。

行動

行動

そして最も重要なことは
これらのスキルは
下から積み上げていくことがポイントです。

関係性の観点では
順番に築かれていきます。

「安心」→
「自信」→
「行動」

このステージを
理解せずに

例えば
いきなり
「行動」を促しても

メンバーは
動きません。

動かないどころか
安心レベルから
遠ざかってしまいます。

今まさに
異動のシーズンです。

これから
新たな環境で
一から関係性を築く皆さん

焦らず
順番に関係性を
築いていってください。

まずは
どこからでしたっけ?

そうですね。

「安心」レベルを
築くために

「受容する」
「共感する」

このスキルから
使ってくださいね。

人は自分を
受け入れてくれたと
感じたときに

初めて人は
心を開きます。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【3月13日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【3月13日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【3月22日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月31日,4月14日,23日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)(Zoomによるオンラインセミナー)
【4月9日】自分とメンバーの特性を活かしあうセミナー
【4月10日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月14日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【4月18日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【4月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 動機
  2. コロナ
  3. リストアップ
  4. 聴く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. リーダーシップ
  2. ポジティブ
  3. 感動の最終日
  4. 発表
  5. メタ・コミュニケーション
PAGE TOP