タンブラー

フィードバックの極意:客観的・主観的表現の使い分け

フィードバックは
仕事や日常生活において
重要なコミュニケーション手段の一つです。

しかし
フィードバックには
様々な形があり

それが効果的に
伝わるかどうかは
相手次第です。

このブログでは
客観的フィードバックと
主観的フィードバックの違いと

それぞれの適切な
使い方について
詳しく解説します。

客観的フィードバックとは
見たまま・聞いたままの事実を
そのまま伝える方法です。

これは
評価や感情を
排除し

できるだけ中立的な立場で
情報を伝えることを
目指します。

タンブラー

タンブラー

例えば
このタンブラー
客観的フィードバックをすれば

「500ml」
「銀」
「タンブラー」

といった
具体的な事実のみを
伝えます。

この方法は
事実を正確に
伝えたい場合や

相手に具体的な情報を
提供する際に非常に
有効です。

客観的フィードバックを行う際の注意点は
伝え手側の判断や評価を
できるだけ排除することです。

例えば
「500ml容器で銀色のかっこいい
タンブラー」と言ってしまうと

「かっこいい」
という評価が加わるため
客観性が失われます。

あくまで事実を
「記述的」に伝えることが
大切です。

主観的フィードバックとは
自分の感じたことや思ったことを
そのまま伝える方法です。

これは
個人的な感情や意見を反映させるため
相手の心に訴えかける力があります。

先ほどのタンブラー

主観的フィードバックにすると

「このタンブラーは便利そう」
「かっこいい」といった感想を
伝えることが挙げられます。

この方法は
相手に感情的な反応を引き起こし
行動を促す場合に効果的です。

主観的フィードバックを
行う際のポイントは
「I(私)メッセージ」を使うことです。

I(私)メッセージ

I(私)メッセージ

これは
主語を自分(I)に
することで

発言の責任が
自分にあることを
明確にする方法です。

例えば
「私はこのタンブラーが
使いやすいと思う」と伝えることで

相手に対して
自分の感想や意見を
押し付けるのではなく

あくまで個人的な見解として
受け取ってもらうことが
できます。

フィードバックを効果的に伝えるためには
相手に応じて客観的表現と主観的表現を
使い分けることが重要です。

客観的表現が適しているのは
具体的な情報を正確に伝えたい場合や
相手が論理的な思考を好む場合です。

例えば
手に持っている物が
何かを正確に伝えたい場合には

正確

正確

客観的表現が
有効です。

主観的表現が適しているのは
相手に感情的な反応を
引き起こし

行動を促したい場合や
相手が感情を重んじる
タイプの場合です。

例えば
商品を相手に
勧めたい場合には

主観的表現を使うことで
相手の心を
動かしやすくなります。

フィードバックを効果的に伝えるためには
次のようなステップを
心がけると良いでしょう。

①相手の受け取りやすい方法を判断する

まず
相手がどちらの表現を
受け取りやすいかを判断します。

相手が論理的な思考を好む場合には客観的表現を
感情を重んじる場合には
主観的表現を選びましょう。

②ィードバックの内容を明確にする

フィードバックの内容を具体的にし
相手にとってわかりやすく
伝えることが重要です。

客観的フィードバックでは事実を正確に
主観的フィードバックでは感情や意見を
明確に伝えます。

③適切なタイミングでフィードバックを行う

フィードバックを
行うタイミングも
重要です。

相手がフィードバックを受け入れやすい
状態にあるときに行うことで
その効果が最大化されます。

④フィードバックの受け取り方を確認する

フィードバックを行った後は
相手の反応を
確認しましょう。

相手がどのように感じたのか
フィードバックがどのように
受け取られたのかを確認することで

次回以降のフィードバックの質を
さらに高めることが
できます。

効果的な
フィードバックを行うためには
相手の受け取り方を理解し

客観的表現と
主観的表現を
使い分けることが重要です。

これらのポイントを押さえることで
あなたの
フィードバックは

より意味のあるものとなり
相手の成長や行動を
促すことができます。

ぜひ
今日から
実践してみてください。

あなたのフィードバックが
相手にとってより価値のあるものと
なることでしょう。

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【6月14日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【6月25日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【6月28日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【7月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【7月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【7月10日】自分の特性を知り活かすセミナー
【7月11日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【7月16日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【7月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 目標達成
  2. 人生を謳歌
  3. 空を飛ぶ
  4. コミュニケーション
  5. 力強いリーダーシップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 情熱
  2. 優先順位
  3. バイデン大統領
  4. コミュニケーション力
  5. 限界を超える
PAGE TOP