前に進む

事実を聞き事実に直面させればそのことだけで前に進む選択をします

先日コーチングの研修で
ロールプレイニング研修の
一場面

ロールプレイ

ロールプレイ

ロールプレイとは
2人1組でコーチ役(上司)
受ける役(部下)を決めて

模擬的にコーチングを
実践してみる練習です。

そのときに
このようなやりとりが
ありました。

上司役
「A社の進捗状況は
どうなっていますか?」

部下役
「すみません。先方から
連絡がなくて困っています」

上司役
「それで、君は
どうしているんですか?」

部下役
「もう少し待ってから
再度催促してみようと思います」

上司役
「それでは時間ばかり
過ぎませんか?」

部下役
「・・・・」

部下役の方の名演技で
上司役は四苦八苦です。

さて、どのように
改善したら
このロールプレイが成功するでしょうか?

この点を改善した
大きく前進するという
ポイントがあります。

それは
「具体的な事実を聞くことです」

事実

事実

例えば

「A社とは何回話をしましたか?」
「返事の約束期限を設けましたか?」
「誰かにこの件で相談しましたか?」

こうした事実を
聞くことで
相手の行動や考えを知れば

適切な提案や
要望を出すことができます。

「成功者の特徴」
があります。

それは
行動を具体化していることです。

具体化することで
イメージしやすくなり
行動が起こし易くなります。

先ほどの
ロールプレイを
具体化すると

「先方とは何回面談しましたか?」

「今回で3回目です」

「返事の期限を伝えていますか?」

「伝えていません?」

「現時点での行動プランは何ですか?」

「1週間待って、再度
アプローチします」

具体的な質問をすることで
部下は自分の取るべき行動を
自覚します。

この具体化がないと
のらりくらりと部下は
行動をはぐらかしてしまいます。

「事実を聞き事実に直面させる」
このことを意識するだけで
部下は前に進みます。

問いかけが具体的であれば
具体的に考えるようになります。

あなたは部下と今月何回面談したか?
あなたは部下に今週何回話しかけましたか?
あなたは部下に今日自ら挨拶しましたか?

ただし、こうした
具体化は一つ一つ
聞いていってください。

矢継ぎ早にすると
責められたように感じてしまいます。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【2月11日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【2月14日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【2月15日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【2月20日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【3月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【3月11日】自分とメンバーの特性を活かしあうセミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【3月13日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【3月13日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【3月22日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 五感
  2. 期間
  3. 緊急事態宣言
  4. 自己観察
  5. やる気

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. ラーニングピラミッド
  2. 媚びを売る
  3. コーチング
  4. 自ら問題に向き合う
PAGE TOP