沈黙

無言の声を聴く、沈黙はチャンスなり

二人で会話をしていて
相手が無言に
なることありませんか?

これは
気になりますよね?

ましてや
コーチングをしていて
クライアントさんが

コーチの質問に対し
無言の場合
どうしましょう?

沈黙

無言

私は
プロコーチとして
こうした場面に良く遭遇します。

今日は
その対処法を
お伝えします。

まず
無言の理由を
考えます。

考えられることは
下記の3つ

①答えが分らない
②答えたくない
③考えていない

①答えが分らない

分らない

分らない

分らなければ
「分らない」と
答えれば良さそうですが

タイプによっては
それが
できないタイプがあります。

これは
直ぐに言える人からすると
不思議かも知れませんが、

そういう
タイプの人も
いることを理解してください。

②答えたくない

答えたくない

答えたくない

これは
①のケースよりは
複雑です。

答えたくない理由には
相手との関係性や
その人の背景が影響します。

あるいは
その環境も
影響します。

たまに
親子で
3者面談をすることがあります。

例えば
就職で悩んでいる
場合

親からの依頼で
お子さんと親御さんを
交えた3者面談です。

その状況下で
実はお子さんが
親が望んでいない就職を希望していた場合

親の前では
本音を
語れないことがあります。

それを察知した場合は
その状況を
改善すべく

親御さんには
退席して頂く
場合もあります。

③考えていない

考えていない

考えていない

まれに
相手が考えていない
ケースもあります。

その会話に
集中できて
いなかったり

何らかの理由で
質問を
聞き取れない

あるいは
理解できていない
事があります。

この場合は
念のために
もう一度訊く

もしくは
言い換えることで
解決することもあります。

さて
大事な
対処法ですが

こちらからの
質問に対し
相手が「沈黙」した場合

良く相手を
観察してください。

観察

観察

答えが分らない
場合は

目が泳いだり
逆に答えを見つけようとして
一点を見つめることがあります。

目が泳いでいる場合は
答えようとしていますので、
ヒントを出すことで思考を整理したり

質問の仕方を
変えることで
答えられたりします。

しかし
一点を
見つける場合は

真剣に考えている場合と
答えたくない中で
どうしようと考えている場合が想定されます。

これを
見極め

環境を変えたり
質問を変えたりしながら
相手の反応をよく見てください。

私どもは
こうした時に
とても有用なツールがあります。

それが
こちら

Points of You@

Points of You@

Points of You@
です。

イスラエル生まれの
カラフルなカードです。

65枚あるのですが、
コーチングをするために
作られたカードです。

カードは
写真と共に
言葉が書かれています。

使い方は
例えば

「あなたが一番やりたいことを
このカードのなからから選び
教えてください」

選んだカードを使って
なぜそのカードを選んだかを
聞いていく中で

その相手の
本質を
見極めることができます。

先日
こんな事がありました。

やはり
親子面談を
したケースです。

親子面談

親子面談

ある質問に対し
娘さんが
無言になってしまいました。

そこで
このカードを
使って話してみてくださいと

促しました。

最初は
娘さんは
選ぼうとしていました。

全てのカードを見た上で
どんなカードを
選んだか聞こうとした瞬間

その娘さんは
目に一杯涙を
ためて

「やっぱ無理
お父さんは
席を外して」

と叫んだのです。

そこで
お父さんには
席を外して貰うと

その娘さん
関を切ったように
話し始めました。

実はお父さんの
期待に応えようとして
自分の意思でないところで行動していたのです。

それを
お父さんのいる前では
言えないので

沈黙を
していたのが

カードを使うことで
言えるかも知れないと思い
カードを選ぼうとしたのですが、

その様な
都合の良いカードが
見つからず

お父さんの
退席を
申し出たのです。

私に気持ちを
話したことで
楽になったようで

その後は娘さんは
笑顔になり
お父さんを呼び戻しました。

もう
ここまでこれば
私の役割を終わったので、

私は
ここで
退席して

二人だけで
話を
して貰いました。

後日
お父さんから
電話があり

「どんな魔法を使ったのですか?
人が変わったみたいに
本音を私に話してくれました。

お陰で
将来に向け
良い話し合いができました」

とご連絡戴きました。

コーチ冥利に尽きる日でした。

「無言の声を聴く
沈黙はチャンスなり」
と言うお話しでした。

コーチングや
Points of You@に
興味がある方は

遠慮なく
ご連絡ください。

連絡先は
このブログの
最後にあります。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【3月9日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【3月11日】自分の特性を知り活かすセミナー
【3月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【3月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【3月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月28日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. コロナ疲れ
  2. 明石家さんま
  3. 感情のマネジメント
  4. 目的
  5. ミーティング運営
  6. 最初が肝心

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 成功への道
  2. 定量目標
  3. 目標設定
  4. 加速
  5. 日差し
PAGE TOP