誰のため
  • ESG

人的資本開示は誰のため、そして何のため?

最近言われ出した
「人的資本」って
良い言葉ですよね?

しかし昔から
「人材」ではなく
「人財」って言われ方もあったので、

真新しい言葉と
言うわけでは
ありません。

とは言え
人に感心が
向けられるのは良いことです。

日本は
間違いなく
少子高齢化

ならば、
少ない人を
育てなければ

国家存亡の危機

「人的資本」は
経済的必要性から
生まれました。

元々は
2018年12月、国際標準化機構より
「ISO30414」が策定され、

欧州で
情報開示が
始まりました。

さらに2020年8月には、
米国証券取引委員会(SEC)が

上場企業に対し、
人的資本の情報開示を
義務化しました。

この流れを受け
日本でも
2021年6月には、

上場企業が遂行すべき
企業統治のガイドライン
「コーポレート・ガバナンスコード」が改訂され

金融庁が2023年度にも、
有価証券報告書に
記載することを義務付けされます。

開示義務

「開示義務?」

先ずは誰に対して?
ですが、

対象は
3つ

①株主
②従業員
③社会

①株主

株主

株主が対象と言うことは
「人的資本」が
企業価値となったと言うことです。

これって
ある意味当然であり
社員としては歓迎ですよね。

人を大切にしない企業って
そもそも
企業の資格がないと思います。

②従業員

従業員

最近、
高校生の
就職関係の仕事をしましたが、

高校生は
企業に対し
働く環境にかなり意識が向いています。

その意味で
人的資本に対し
明確な情報発信は重要です。

求人しても
人が集まらない企業では
その企業の未来も安心できません。

③社会

社会

SDGsと同じく

私たち消費者は
その企業が人に優しい企業が
見ています。

良い物を安くに
加え、人を大事にする企業かは
消費行動に影響します。

その会社の商品を
買うことは
その会社を応援すること。

同じ価値なら
人を大事にする企業を
応援します。

それでは
何のための
情報開示か?

それは
「企業価値」の
創造です。

良い商品
良いサービスは

社員あっての
ものです。

社員が
疲弊しているような
会社からは買いたくありません。

社員を大切にしない企業は
お客さんを
大切にするとは思えません。

人を大切にする企業を
私たちACTASは
応援します。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【12月10日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【12月12日】自分を知り活かすセミナー
【12月13日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【12月14日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【12月20日】パワハラ防止法対応において企業に求められていること
【12月23日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【12月26日】自分軸を明確にし拡げるセミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 目標達成
  2. アサーション
  3. 防御
  4. 国家安全法 成立
  5. 自己観察
  6. WEB会議

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. チームビルディング
  2. 井戸端会議
  3. 自分らしさ
  4. バラバラなチーム
PAGE TOP