成長

成長の礎: 承認と褒めるの微妙な違い

「Acknowledgement」
日本語で言うと
「承認」

しかし
これは単なる
「良いね」や

承認力

良いね

「悪いね」
といった評価とは
異なります。

元々の語源から来る通り
「相手の存在に
気づいていることを伝える」

行為であり
これを通じて
相手に対する興味や関心を示します。

この好意が
仲間意識を生み
自己成長感を醸成します。

「Acknowledgement」は
相手の変化や違い
成長や成果に気づく

手助けとなります。

目標に向かう
過程を確認し
ズレがあれば

フィードバックを
通じて修正することが
できます。

そして
これが組織や
個人の目標達成に繋がります。

一方
「褒める」は

褒める

褒める

「目標達成して良かったね」
といった評価を
含んでいます。

これには
「良い・悪い」や
「評価する人・される人」

の立場の違いが現れ
メッセージは
受け取りにくくなりがちです。

ただし
信頼された人からの
褒め言葉は

やる気を
高める手段と
なります。

「承認」と「褒める」を
上手に使い分けることが
ポイントです。

人は自分の成長や
変化を知ることで
喜びを感じ

成長

成長

これが
「自己成長感」と呼ばれる
エネルギー源となります。

「Acknowledgement」は
やる気を引き出す
効果的な手段であり

組織文化を
よりポジティブに
します。

一方で
「失敗回避」を
優先する組織では

失敗回避

失敗回避

注意や叱責が増え
挑戦が
難しくなります。

こういった状況では
「Acknowledgement」が
欠かせません。

組織全体で
「承認」が
行き渡り

ポジティブな
雰囲気を築いていくことが
大切です。

組織やリーダーシップにおいては
「Acknowledgement」が
重要な役割を果たします。

上手に相手の変化や
成長を観察し
「承認」することで

ポジティブな
組織文化を築くことが
できます。

皆さんも是非
「Acknowledgement」を
通じて

ポジティブな
成長を
達成しましょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【2月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【2月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【2月15日】自分を知り活かすセミナー
【2月20日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【2月21日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【2月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 高木美帆選手金
  2. 受け入れる
  3. 妥協
  4. 自己観察
  5. ひとは見ためが9割

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 革新
  2. 人材育成
  3. VUCA時代
  4. コントロール術
  5. 勇気
PAGE TOP