ミーティングの主役

良い会議にするための主役は〇〇です。

ミーティングにおいては
参加者にも役割があります。

 

参加者の役割と言われて、
「え!」と思われた方も
いると思います。

え!

え!


ミーティングは進行役(ファシリテーター)に役割があって、
参加者には役割がないと
思っていませんか?

 

 

ミーティングにおける
進行役(ファシリテーター)の役割は
大きいものがあります。

 


しかし、
その役割は議事を進行することにあり、
結果を作ることにはありません。

 


つまり、
ミーティングの主役は
参加者です。

主役

主役

 

進行役(ファシリテーター)は
ミーティングのまとめに
責任を負いますが、

 

実は、
その責任を果すべき人物は
参加者全員でなければなりません。

 


以前アカウンタビリティー
と言う話をしました。

 


アカウンタビリティーとは
一般的には説明責任と
訳されますが、

 


ここでは、
当事者意識として扱います。

 


 
このアカウンタビリティー(当事者意識)を
ミィーティング中
参加者の皆さんは持っていますか?

 


ミーティングに参加しながら、

 


「早く終わらないかな」
「もうちょっと、的を絞ればいいのに」
なぞと、他人事でミーティングに出ていませんか?

 

 

これこそが
アカウンタビリティー(当事者意識)の反対の
ビクティム(被害者意識)な状態です。

 


 
ミィーティングの
良し悪しは自分たち(参加者)が作る。
この意識を持ってください。

 

 

そして、
進行役(ファシリテーター)や
リーダーはその意識を

 

いかにして
持ってもらうかに
関心を寄せてください。

 


 
これこそが、
ミーティングをより良いものにする
ポイントです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」
 
これが私共の
キャッチフレーズ
 
あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。
【9月24日】Talent Focus詳細解説セミナー
【9月26日】ご縁会(自分らしく生きるために必要な3つの要素)
【9月28日】Point of Youエバンジェリスト養成講座
【10月7日】すべての人が才能を生かせる組織にするセミナー
【10月16日】カードを使ったコーチング体験会
【10月19日】Talent Focusプラクティショナー養成講座
【10月22日】Talent Focus詳細解説セミナー

今度のセミナー
お問い合わせ先

関連記事

  1. からくり時計
  2. 現状の明確化
  3. 自己成長感
  4. ゲーム依存

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 人間関係の構築
  2. テーマ設定
  3. 無敗の三冠馬
  4. 信頼
  5. 大切なもの
PAGE TOP