広島市中央卸売市場

仕事の喜びって何?あるもの?見つけるもの?

今週は
研修の打合せで
広島市中央卸売市場に行ってきました。

広大な敷地の中には
全国各地から
野菜、青果、肉、魚が運び込まれていました。

青果はスイカが旬で
最も多くの箱がありました。

そして写真は
巨大冷蔵庫の中

「青果の中には
品質を保つために
冷蔵が必要なものがあり

それを責任を持って
預かっています。」
との話は市場関係者の心意気を感じました。

パイナップル

パイナップル

パイナップルも
大事に扱われていました。

興味深いお話しも聞けました。

中央卸売市場のイメージは
競り

競り

競り

ところが
今はこの競りは
ごく一部でしかないそうです。

大半が
相対売と言って
直接仲卸と取引されるようです。

全国から集められた
食材がこうして
広島市のスーパーや八百屋さんに行くんですね。

何だか
活気を感じました。

しかし、
現場は朝早く
また、相対売りは

いわば営業力が
求められるため
結構ハードな職場のようです。

きっと従業員さんの中には
不満を口にする人も
少なからずいると思いました。

全国から集められた
食材を広島市の台所に
届ける仕事

私は
こうした職場で働けることは
とても素晴らしいと感じました。

でも、
中には、そう感じない人も
いるんだろうな。

「広島市の台所を
預かっている」は
社長さんの言葉

これが社員さんにまで
行き渡っていると
良いなと思いました。

これは
中央卸売市場だけの話ではなく
全ての業種に言えることです。

端から見ると
素晴らしい仕事でも
中に入ってしまうと

それが見えなくなってしまう

そういう意味で
私たちのような
外部の人間が

こうしてお邪魔して
話をすることは
意味があるんでしょうね。

そう考えると
私たちのような
コンサルタントもまんざらの仕事です。

仕事に優劣は
ありません。

仕事の喜びは
転がっているのではなく
自分で見つけるもの

そんなことを
思わせてくれる
市場見学でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【8月10日】生まれ持った才能を知り活かすセミナー
【8月11日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【8月29日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【8月30日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【8月31日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. ゴールを明確にする
  2. ストレスサイン
  3. オンライン
  4. ビジョンを書く
  5. 爆釣
  6. ぼんやり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 質問
  2. 日本の夏
  3. 希望
  4. ビジョン
PAGE TOP