前提

相手の見えない前提に気がつくとコーチングはより機能する

コーチングをしていると
相手が無意識に前提を
置いて話していることがあります。

例えば
「1回はやります」

この表現は
「1回やります」とは
ニュアンスが違います。

「は」が付くことで
1回しかしないと言う
前提がついています。

この様な
前提を聴きとることは
コーチングにおいて重要です。

「てにおは」の中に
隠された真相を
聴き分けるのです。

聴き分ける

聴き分ける

他には
「また」「やっぱり」「だけ」
「結局」「そんな」とかです。

「またですか~」には
「以前やりました。もうやりたくない」
の気持ちが隠されています。

「やっぱりそうなったでしょ」
って、初めからそう思っていたの
だったら、言ってよ

「今回だけはやります」
これって、あなたの仕事でしょ
いつもすべきじゃないの?

「結局こうなるんですね」
それは結果であって
今後も努力すべきですよね?

「そんなこともやるんですか」
それって、その作業を軽視していない?

普段は聴き逃すような言葉も
良く聴けば聴き分けられます。

暗黙の了解であったり
交換条件であったり
これらの前提条件を聴き逃さない

この前提条件は
先入観ですから
それに気づくことは

現実的な対応を
可能とします。

逆に、気がつかないと
その行為に同意をしたと
みなされてしまいます。

この前提は
相手の思いや感情です。

ここをしっかり
つかんでいないと
心からの行動にはなりません。

また、本人も
その感情に気がついて
いないこともあります。

そのことを伝えることで
明確に思いや感情を
意識することは

コーチングに限らず
有効なコミュニケーションを
促進します。

如何ですか?
このようなことから
思いや感情は読み取れます。

これは表情や態度にも
現れますので、
全感覚を集中して

相手を観察してください。

コーチングは
真剣勝負!

そう考えると
コーチングって
面白いですよね。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【12月22日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【1月9日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【1月13日】自分とメンバーの特性を活かしあうセミナー
【1月14日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【1月21日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)
【1月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. コミュニケーションレベル
  2. 失敗は成功の元
  3. 富岳
  4. ビジョン
  5. やる気

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. チームの活性
  2. 企業理念
  3. 原理原則
  4. 白線
  5. 助けを求める
PAGE TOP