鬼に学ぶプレゼンスマネジメント

昨日は節分

 

孫の幼稚園にも
鬼が現れたようです。

節分

節分

準備万端
豆を用意して
退治できたようです。

 

皆さんは
鬼がどうして
あのような恰好かご存知ですか?

 

鬼は鬼門の
北東からやってきます。

 

干支でいうと
牛と虎の間です。

 

だから鬼は
牛の角を持ち
虎のパンツなんです。

 

節分の日だけは
鬼は子供達には
敵いませんが、

 

鬼って
強そうですよね。

 

この「強そう」って
リーダーにとって
大事な要素です。

 

もう少し正確に言えば
「信頼」できそう
ですかですね。

 

リーダーが部下から信頼されるために
アイコンタクトが大事と
昨日話しました。

 

同じように
姿勢や雰囲気も
大事です。

 

あなたは
背筋が伸びて、
さっそうと歩いますか?

颯爽と歩く

颯爽と歩く

或いは、
いつも、猫背で、
トボトボと歩いていますか?

猫背

猫背

どんなにすばらしいリーダーでも、
猫背で、下を向いてぼそぼそ話したのでは
内容がこころに届きません。

 

あなたが
思っている以上に、
周囲はそれを感じています。

 

また、ここで
「姿勢でなく、内容で、勝負する」
なんて、言わないでくださいね。

 

どんな理屈を言っても、
人は
「見かけで判断します」

 

年齢と共に、
背筋や腹筋は
弱くなります。

 

そうすると、
どうしても、猫背になり、
顎が前に出てしまいます。

 

こうして、書いていて気が付きましたが、
著名な講師は皆、体を何らかで、
鍛えています。

 

胸が大きく広がっている方が、
相手はあなたに自信と
強さを感じます。

自信のある態度

自信のある態度

原稿を読むときも注意です。

 

どうしても、背中が丸くなり、
目線が落ち、胸が狭まり、
声がこもってしまいます。

 

出来れば、演台などを用意し、
目線が落ちないように
工夫してください。

 

そして、部下に目を向け胸を拡げ、
背中のラインをまっ直ぐになるよう
意識しましょう。

 

姿勢を整えるポイント3つ

 

①普段から運動を欠かさない
②目線が落ちないように意識する
③常に、胸を大きく広げる

 

以前にもお話しました。

 

プレゼンスマネジメントは
あなたのためではなく
部下に聞かせるためです。

 

リーダーたるもの、
姿勢すら疎かに
すべきではないのです。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【2月12日】 自分軸を知って輝くセミナー
【2月12日】 カードを使ったコーチング体験会
【2月16日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【2月19日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【2月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今度のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 理由なき活力
  2. 信頼
  3. 勝ち負け
  4. オンライン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 批判
  2. チーム
  3. ポケコン
  4. 伝え方
  5. 親子
PAGE TOP