吉村知事

コロナ対応に見るリーダーの役割

大阪府では
休業要請が16日より
一部解除となった。

 

国の緊急事態宣言の
対象府にも関わらずこの解除は
皆さんどう思われますか?

 

独自の基準を設け
自らの責任で解除

 

感染症対策の観点からすると
大阪基準は少し甘い!

 

まだ、新規患者が
出ている中での
解除は如何なものか!

コロナ患者

コロナ患者

しかし、
私はこの吉村知事の
決断は素晴らしいと考えます。

 

コロナは残念ながら
封じ込めは
失敗しました。

 

ならば、
次の戦略は
共存です。

 

パンデミックや
医療崩壊にならないように
コロナとつき合う

 

この戦略が
現実的です。

 

経済との両方を見ながら
現実的な対応は
いかにも大阪らしい。

大阪らしい

大阪らしい

しかし、
あくまで「命」最優先

 

その意味で
大阪モデルは
良くできています。

 

今後は府民が
この自粛要請解除を
正しく理解して行動できるかです。

 

コロナ対応の優等生である
韓国では残念ながら
新たなクラスターが発生しています。

韓国クラスター

韓国クラスター

正にこの状態が
起きると再び
自粛要請を出さざるを得ません。

コロナで休業

コロナで休業

その意味で
大阪モデルは
入り口戦略を出しています。

 

つまりは
もし、再拡大が起こった場合の
基準を明確にしています。

 

これにより相応の
対応をしないと。また、
自粛となるとの自覚をさせています。

 

それに比べ
日本政府の対応は
後手後手に回っています。

 

緊急事態宣言の
基準もあいまい。

 

従って、解除基準も
示されないまま
大阪府に先を越され慌てて一部解除

 

更には
PCR検査基準を出しておきながら
「誤解」と言ってしまう大臣がいたり

誤解発言

誤解発言

また、こんな状態だから
今度は東京都の小池知事が
「東京モデル」の解除基準を公表

 

大阪を参考にすれば
良いのに、いかにも
小池知事らしく意地を張った感じ。

 

しかし、これももし、
日本政府がちゃんとした基準を
示していれば

 

各都道府県の知事も
右往左往しなくて
良かったのに!

 

でも、これにより市民は、
どの知事が危機対応できるか
見極めることが出来ました。

 

当初、北海道知事は
まだ、全国の緊急事態宣言が
出ていない中

北海道の緊急事態宣言

北海道の緊急事態宣言

独自の緊急事態宣言を
出しました。

 

こちらも
素晴らしい知事との
印象を受けました。

 

残念ながら第2波に
見舞われてしまい。それこそ
入り口戦略の必要性を世に知らしめました。

 

しかし、一方では
「国からの指示がないと動けない」
とか

 

「うちの県も
緊急事態宣言対象地域に
指定してほしい」とか

 

相手任せの
発言をした知事も
いました。

 

リーダーの皆さん!
これは、皆さんの
組織運営にも言えます。

 

皆さんは
正しく状況判断
出来ていますか?

 

正しい状況判断には
正しい情報が
必要です。

 

コロナにより、
世の中の仕組みは
大きく変わろうとしてます。

 

正しく状況分析できていますか?

 

このコロナウィルスとの闘いは
長期戦を覚悟しなければ
なりません。

 

緊急事態宣言が
解除になった県も
新たなステージに入っただけで

 

これからも
この状態は
続きます。

 

その様な中
組織にとって最も重要な
要素の「ひと」

 

会社であれば従業員
チームであればメンバーを
正しく把握できていますか?

 

それが出来るのは
個々の特性を
理解すること

 

私共は個々の特性を
「生まれ持った才能」として
認識できるツールを用意しています。

 

それが
Talent FocusⓇ

 

詳しくはWebで!

 

若しくは
下記のセミナーを
参考になってください。

 

コロナで
新たな仕組みが
始まります。

 

それを支えるのは
「ひと」です。

 

「ひと」を中心に置いた
組織運営をしませんか?

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【5月24日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【5月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー《オンラインセミナー》
【6月8日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)《オンラインセミナー》
【6月9日,10日,11日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)《オンラインセミナー》
【6月10日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー《オンラインセミナー》
【6月14日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【6月24日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 2つの方法
  2. 昭和天皇即位の礼
  3. 拡散と収束
  4. ポジティブ質問
  5. 質問

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 考える
  2. 自己成長
  3. ワンチーム
  4. 未来
PAGE TOP