設計

コーチングセッションの設計: 成功への道筋を描く

コーチングセッションは
目標達成や成長のプロセスを
支援する重要なツールです。

ただし
成功するためには
適切な設計が必要です。

家を建てる際に
設計図が
欠かせないように

コーチングセッションも
計画的に進めることが
肝要です。

設計

設計

以下に
成功のための主な検討項目と
設計範囲を紹介します。

①セッションの実施期間

実施期間

実施期間

コーチングの実施期間は
目標や課題の性質によって
異なります。

一般的には
半年から1年間が
推奨されます。

この期間は
ゴールに向かって着実に
進むための十分な時間を確保し

かつ
依存症に陥らないように
するためのものです。

②セッションの実施頻度

実施頻度

実施頻度

週1回から
月1回の頻度での
セッションが一般的です。

繰り返しの確認と
習得が必要なため
定期的なスケジュールが重要です。

ただし
忙しいスケジュールに合わせて
柔軟に調整することも大切です。

③セッションの実施形式

コーチング

対面

対面、電話、Zoom
メールなど
様々な形式があります。

対面が
最も効果的であると
されていますが

近年では
オンラインセッションも
増加傾向にあります。

相手との関係や
遠隔地での実施など
状況に応じて最適な形式を選択します。

④ セッションの実施場所

オフィス

オフィス

セッションは
静かな環境で行うことが
望ましいです。

コーチのオフィスや
必要に応じて外部の場所を
利用することもあります。

環境が参加者の集中力や
リラックス度に影響を与えるため
適切な場所を選択します。

⑤セッションの実施時間

実施時間

実施時間

セッションの時間は
一般的に30分から
1時間程度です。

初回セッションでは
お互いをよく知るために
2時間を取る場合もあります。

時間の長さは
内容や相手のニーズに
応じて調整し

最大限の効果を
得ることが
重要です。

⑥セッションで使用するツール

ツール

ツール

アセスメントや動画など
さまざまなツールを
活用してセッションを支援します。

これらのツールは
目標達成や成長の進捗を可視化し
フィードバックを促進します。

コーチングセッションの設計は
目標達成への道筋を
描く重要なステップです。

柔軟性と
臨機応変さを持ちながら
検討項目を適切に調整し

参加者の成長と
発展をサポートすることが
求められます。

最終的には
明確な目標を設定し
それを共有することが成功の鍵です。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【4月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【4月11日】自分軸を明確にし拡げるセミナー(オンライン)
【4月12日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【4月16日】自分を知り活かすセミナー
【4月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 耳寄りな話
  2. 見える化
  3. 人生を謳歌
  4. タイプ分け
  5. 練習
  6. 相乗効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 成功への道
  2. 定量目標
  3. 目標設定
  4. 加速
  5. 日差し
PAGE TOP