原則

コーチングを成功に導く3つの原則

コーチングは
相手の目標達成を
支援し

そのプロセスに
寄り添う
重要な手法です。

歴史的に見ると
コーチングという言葉は
馬車から始まり

馬車

馬車

人々を目的地に運ぶ役割から
「人の目標達成を支援する」
という意味へと発展しました。

今日
コーチングは
マネジメントや

個人成長の
領域で広く
利用されています。

私はコーチングを学び
企業研修や個人セミナーで
その力を活かしています。

成功するためには
いくつかの原理原則を
押さえることが必要です。

そこで
コーチングを実践している方々に
重要な3つの原則を紹介します。

① 対話型のアプローチ

対話

対話

コーチングは
双方向の
対話です。

コミュニケーションは
双方向でなければ
成り立ちません。

コーチが相手にアプローチしても
相手が動こうとしなければ
成果は期待できません。

コーチングを始める際には
相手が受身の姿勢であるかどうかを
確認することが重要です。

お互いがアイデアや
意見を出し合うことで
新たな気づきや行動が生まれます。

これは
コーチングを知らない方には
いがと重要です。

相手が受身では
コーチングは
成功しません。

②個別に合わせたアプローチ

コーチングは
テーラーメイドでなければ
なりません。

テーラーメイド

テーラーメイド

人それぞれ
異なる価値観や
受け止め方があります。

そのため
型通りの
アプローチではなく

個別に合わせた
アプローチが
必要です。

そのため
相手を知り
信頼を築くことが重要です。

お互いを知ることなくして
コーチングは
成り立ちません。

③現在進行形のアプローチ

コーチングは
実践学です。

実践学

実践学

どんなにスキルを学んだとしても
現場で使えなければ
意味がありません。

状況は刻一刻と変化し
その変化に即座に
対応する必要があります。

相手の気持ちや状況の変化に敏感になり
適切に対応することが
求められます。

相手の「今」に
対応することが
成功の鍵となります。

コーチングの
原則を理解し
実践することで

より効果的な
コミュニケーションや
成果を得ることができます。

皆さんのコーチングが
さらに良いものになることを
願っています。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【3月22日】自分軸を明確にし拡げるセミナー
【3月27日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【3月28日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【4月6日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月10日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【4月11日】自分軸を明確にし拡げるセミナー(オンライン)
【4月12日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)
【4月16日】自分を知り活かすセミナー
【4月26日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 2020年初日の出
  2. こころが震える
  3. 受け手の視点
  4. 気づき
  5. 行動原理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 魔法
  2. やりたい仕事
  3. バランス
  4. ピアノ教室
  5. アイスブレイク
PAGE TOP