やる気になるスイッチがあるのは人が生物だからです。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

 

これが私の
キャッチフレーズ

 

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

 

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

 

以前、人の話を聴くだけで、
その人のやる気を引き出すことができると
言う話をしました。

 

なぜ、
そんなことが
できるのでしょうか?

 

人に話すと言うアウトプットは
実は自分に対してのインプットに
なっているからです。

 

ちょっと、
ここで、
生物の細胞の話をします。

 

生物の細胞もお互い
にコミュニケーションを
とっていることをご存知でしょうか?

 

例えば、血小板。

血小板

血小板

この細胞は出血をしたときに、
集まってきてその出血個所を
塞ぐ働きをします。

 

最初に出血個所を
見つけた血小板は
素早くその箇所にへばり付き、

 

と当時に
他の血小板に出血したことを
ある化学物質を出して知らせます。

 

この行為が
人の会話に似ていて、

会話

会話

「出血個所を発見。皆、集まって来て。」
と言っているようなものです。

 

この情報は
他の血小板へのメッセージを
流すと同時に

 

自分にも届き、

 

だから、もっと、
皆を集めらるように
まん丸だった形を変えごつごつとして形に変化し

 

より、
お互いがへばり付きやすいように
なっていきます。

 

このやり取りが
コーチングに似ています。

コーチングロールプレイ

最初に出血個所を
見つけた血小板に
コーチが質問をします。

 

コーチ
「血小板さん。あなたが
今一番したいことは何ですか?」

 

血小板
「はい。出血個所を見つけたので、
早く仲間に知らいたいです。」

 

コーチ
「そうですか。
まず何をしますか?」

 

血小板
「はい。先ずは自分がその箇所に留まります。
次に皆に集まるように声掛けをします。

 

おーい。
皆!出血個所を発見した。
早く集まってくれ。」

 

コーチ
「素早い行動です。
皆が直ぐに集まりそうですね。
他に感じることは何かありますか?」

 

血小板
「はい。
今こうして呼び掛けて気が付きました。

 

皆が集まりやすいように
私が手をいっぱい出して
気が付きやすいようにします。」

 

(形をまん丸い形から
ごつごつした形に変化していく)

 

コーチ
「なるほど、そうすると、
呼び掛けた仲間が、
集まりやすくなりますね。」

 

血小板「あ!皆が集まってきた。
これで、大きな出血になる前に
塞ぐことができそうです。」

 

如何でしょうか?

 

血小板は仲間に
「出血したから早く集まってくれ」
と呼び掛けた言葉を

 

自分の再確認することで、
更にすべき自分の仕事に
気が付いたわけです。

 

自分で出した情報を
自分で受診することを
「オートクライン」と言います。

 

コーチングで傾聴、
すなわちクライアントの話を
聴くことは

 

傾聴

傾聴

このオートクラインが
起こることを狙っています。

 

だから、
人の話を聴くだけで
その人が本来の自分の仕事に気づき、

 

やる気を引き起こさせるのです。

 

人は会話をしている時、
一見、その人に話しているように
見えますが、

 

実は自分に対しても話をし、
聴いているのです。

 

生物は自分の内側の情報を
一度出すことで初めて、
その情報を客観的に認識します。

 

だから、人は話をすることで、
初めて、自分が何をしたいのかを
気づく生き物なのです。

 

これは一人ではできません。

 

つまり、独り言を言って、
それを聴いてもオートクラインは
起きません。

 

やはり、誰かに伝えたい。
伝えたら、
自分が何をすべきか考えられるのです。

 

このサポートをコーチがします。

 

単なる情報整理だけであれば、
一人でもできますが、

整理

整理

新たなアイデアや
やる気を引き出すには
こうした双方向の

 

コミュニーションが欠かせません。

 

「聴く」という行為はそれだけで

 

「相手が自分で自分の頭の中を整理し、
アイデアややる気を引き出すサポートする」
ことになります。

 

あなたも、聞き上手になって、
クライアント(部下)のやる気を
どんどん「オートクライン」

 

起こしてあげてください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

 

私は
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

 

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

 

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

 

【7月25日】子どもの個性を見つけ伸ばすセミナー(Points of You体験会)
【7月26日】Talent Focus詳細解説セミナー
【8月6日】自分と相手を理解しあうセミナー(Talent Focus 体験会)
【8月9日】Talent Focus詳細解説セミナー
【8月10,11,12日】 Points of Youトレーナー養成講座
【8月20日】 子どもの個性を見つけ伸ばすセミナー
【8月21日】Talent Focus詳細解説セミナー
【8月24日】Talent Focusプラクティショナー養成講座

 

今度のセミナー
https://actas.blue/seminar/

 

 

関連記事

  1. 一匹狼
  2. 選択肢を増やす
  3. AIロボット
  4. ワンチーム
  5. ワンチーム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 主観的
  2. 嬉しい
  3. 批判
  4. チーム
  5. ポケコン
PAGE TOP