質問力

新しい視点を得る質問力を鍛えませんか?

コーチングにおいて
優れた質問が
成功への鍵を握ります。

しかし
良い質問をすることは
容易ではありません。

そもそも
良い質問とは
何でしょうか?

それは
相手に気づきや
新たな視点を提供し

最終的には
彼らの目標達成や
課題解決に貢献する質問です。

目標達成に向けた良い質問をするために
以下の3つの視点を
考慮することが重要です。

①所有すること(Having)
②行動すること(Doing)
③存在すること(Being)

所有すること(Having)

所有する

所有する

所有することに焦点を当てる質問は
物質的なものから
非物質的なものまでを含みます。

例えば

「将来の目標として
どのような収入や資産を
得たいですか?」

将来持ちたい
ものを訊くことで
具体的にイメージが付きます。

行動すること(Doing)

行動する

行動する

一方
行動することについて
尋ねることは

次に起こす
行動を訊くことで
実際の行動変容を促します。

例えば

「次に挑戦したいことは
何ですか?
また

それを達成するために
どのような行動を
取りますか?」

気づきを
行動に変えてこそ
優れた質問になります。

存在すること(Being)

存在する

存在する

そして
存在することに
ついて問うことは

自己認識や
価値観に関する
深い洞察を提供します。

どうありたいかを
訊くことは

その人の
本質を理解していなくては
成り立ちません。

意外と
本人も自分の本質に気づいていないことは
希ではありません。

例えば

「あなたが人々に
どのように見られたいですか?
また、そのために何が重要ですか?」

どうありたいか
どう見られたいか
とても重要です。

また
肯定的な質問や
「Want to」な質問

そして
予祝的な質問も
有益です。

肯定的な質問は
否定的な
視点ではなく

ポジティブな視点から
アプローチすることを促し
意欲を高めます。

同様に
「Want to」な質問は
義務ではなく

自発的な行動を
促すことが
できます。

そして
予祝的な質問は
目標達成の

イメージを
具体化するのに
役立ちます。

質問力を向上させるためには
これらの視点を意識し
準備しておくことが重要です。

異なる視点から質問を考えることで
相手にとってより意義深い質問を
提供できるでしょう。

キーワードは
「所有」「行動」「存在」
です。

これらの
3つの視点を持った
質問が

タイミング良くできれば
質問力は
アップします。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で離職率改善コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?


5月15日】子どもの才能の見つけ方・育て方
【5月16日】自分の特性を知り活かすセミナー
【5月21日】自分軸を明確にし拡げるセミナー(オンラインセミナー)
【3月28日】仕事を楽しくしませんか?(Points of You®体験会)(オンライン)
【5月31日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 意識当事者
  2. コロナ自宅療養セット
  3. AIロボット
  4. 継続
  5. ベジタリアン料理
  6. 難しいスキル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 目的を持った質問
  2. パワハラ
  3. コミュニケーション
  4. 岸田首相
  5. 逆算思考
PAGE TOP