緊急事態宣言

大事な家族にDVを振るわないためのコーチング的アプローチ

とうとうと言うか
やっと大都市圏に
緊急事態宣言が出されました。

 

向こう1か月
外出自粛等の措置が
指定7都府県に取られます。

 

そこで、水面下で
問題になっているのが
DVです。

DV

DV

今までは
子どもが家にいることで
親子間でありました。

 

これからはご自身や旦那と
家族の間で起こることが
容易に想像できます。

 

今日はご自身が
加害者にならないような
コーチング的アプローチを紹介します。

 

感情に振り回されることなく
ご自分を制御する方法です。

 

また、この方法は
感情を制御しようとして
自己嫌悪になってしまう方にも有効です。

 

それが
ビリーフマネジメントです。

 

ビリーフマネジメントは
以前のブログで
書きました
https://actas.blue/brief/

 

ビリーフマネジメントの
ポイントについも
書きました。
https://actas.blue/belief-3/

 

今日は
そのビリーフが
引きおこす

 

結果について
お話します。

 

先ずは相手を
知ることが大切です。

 

なぜ、
怒りや自己嫌悪と言う
感情が湧くのでしょう

怒り

怒り

それは
私達人間の

 

危機回避能力
だからです。

 

原始の時代
森で
クマに遭遇したら

闘う

闘う

闘うか
逃げるか
反応します。

 

そうしなければ
生きていけないからです。

 

同じように
私たちは
自分の信念である

 

ビリーフと
相反する敵
に遭遇した時

 

闘う(怒る)か
逃げる(自己嫌悪)を
選択します。

 

 

例えば

 

「子どもは
親の言うことを
聞くものだ」

 

とのビリーフを
持っているとしたら

 

自分の言うことを聞かない
子どもがいると
怒りを感じます。

 

そして
従わせようとします。

 

あるいは
「子どもにはいつも
正しく接するのが親だ」

 

とのビリーフを
持っていたら

 

それが出来なかったとき
自己嫌悪に陥ります。

 

そして
落ち込みます。

 

前回
非合理なビリーフの
お話をしました。
https://actas.blue/briefmanagement/

 

振り回されそうな
感情に遭遇したとき

 

自分の感情を
距離を持って観察し

 

その感情の原因となっている
ビリーフが非合理的でないか

 

検証できれば
感情はマネジメントできます。

 

例えば

 

「人は常に誠実で
あらねばならない」との

 

ビリーフを
持っていたとます。

 

自分が
ちょっとでも
迷惑かけると

 

気になって
しまいます。

 

時には、
体調が悪くても

 

無理して仕事を
してしまいます。

 

逆に
ちょっとしたことで

 

休む人を見ると
強い怒りを
感じてしまいます。

 

しかし、
自分に
無理強いしたり

 

他人のちょっとした
言動に怒りを
感じることが

 

「常に誠実で
なければ、
人としてダメな人間だ」との

 

非合理的な
ビリーフが
原因と

 

はっきり
認識できれば

 

ゆとりをもって行動が
出来るようになったり

 

人に対して
怒りを感じることが
減ります。

 

でも具体的に
どうしたら良いか

 

次回以降で
もう少し
詳しくお伝えします。

 

一か月は長いです。
そしてコロナとの闘いは
もっと長く続きます。

 

この機会に
ビリーフマネジメントを
身に着けませんか?

 

大事な家族を守りたい
それがあなた自身の
本当の願いですよね。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は人材開発コンサルタント
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間が
ある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私は主に企業での幹部職育成研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修をしています。

今後のどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

【4月15日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【4月18日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【4月19日】Hello Points ワークショップ(Points of You®Explorer養成講座)
【5月8日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー
【5月11日】自分軸を見つけて自分らしく生きるセミナー
【5月12日】《子育てコーチングワークショップ》(Points of You®体験会)
【5月16日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)
【5月24日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【5月25日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 万引き家族
  2. 思い込み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 継続
  2. 時間を取る
  3. アイデア出し
  4. 信頼
  5. やる気
PAGE TOP