失敗は成功の元

人は誰しも間違える!大事なことはその後どうするか・・・

「人は誰しも間違える」

これに意義を挟む人は
いないと思います。

間違えれば
「ごめんなさい」と
謝罪する。

普通はこれで
収まるのですが、
収まらなかったのが

今回の森喜朗氏の
謝罪会見

森喜朗氏

森喜朗氏

事の発端は
日本オリンピック委員会(JOC)の
臨時評議員会で

「女性がたくさん入っている
理事会の会議は時間がかかります」
などと発言したことを謝罪し、
発言を撤回した。

しかし、
この謝罪会見は
完全に失敗しました。

その後、海外メディアや
日本国内において
批判が相次いでいます。

「徹底的に追い詰めます」
「日本の恥、恥ずかしい」
「直ちに辞任してください」・・・

なぜ謝罪したのに
収まらなかったのでしょうか?

「他山の石」にすべく
謝罪について考察してみます。

他山の石

他山の石

「謝罪」とは
自らの非を認め、
相手に許しを請う行為です。

従って、
まずは自らの非を
求めることから始まります。

森氏は冒頭では
はっきり非を認め
発言の撤回もしました。

しかし、
その後の記者からの
質問に対し

「あんたの話はもう聞きたくない」
と質問を打ち切りました。

謝罪とは
非を認め
相手に許しを請うべきなのに

全く許しを請う
態度ではありません。

こうなると
そもそも非を認めているのか
さえ疑問視されます。

さて、皆さん自身でも
こうした経験は
ないですか?

「しまった、間違えた。
謝るしかないな」

しかし、謝っても相手が
直ぐに許してくれないとき
逆ギレしてしまう

逆ギレ

逆ギレ

そのような経験です。

基本的に
人は人に対して
頭を下げたくないものです。

しかし、
状況からして
謝るべきときは徹底して謝るのが先です。

相手が許してくれなければ
許して貰うまで
続けるしかありません。

謝罪の過程で
「悪いと思っていなかったり」

「とりあえずあやまっておけ」
は最悪の結果を招きます。

もし、悪いと思っていないのであれば
逆に謝罪すべきではないのです。

謝罪するからには
相手の許しを請うまで
続けなければならないので

「とりあえず」とした
中途半端な態度は
許されません。

「謝罪」は
立派な大人にしかできない
行為です。

素直に自分の非を認める
心の広さがなければ
できないことです。

「人は誰しも間違える」
が事実であれば

ちゃんと謝罪できる人って
逆に信頼できて尊敬できる人です。

私はそんな人になりたいと
思います。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

私は広島市で人材開発コンサルタントをしています
ACTASの服部哲茂です。

「だれでも
劇的に変わる瞬間がある」

これが私共の
キャッチフレーズ

あなたの
劇的に変わる瞬間を
コーディネートします。

私共は主に企業での幹部職研修
コミュニケーション研修等
行っています。

また、
ちょっと他では経験できない
コーチング研修もしています。

下記にどなたでも
参加出来るセミナーを
ご紹介します。

お時間が合えばどうぞ、
お越しください。

秘密厳守でパーソナルコーチングも行っております。

コーチングは自己改革のツールです。
自己投資しませんか?

【2月10日】自分とメンバーの特性を活かしあうセミナー(Zoomによるオンラインセミナー)
【2月11日】カードを使ったコーチング体験会(Points of You®体験会)(Zoomによるオンラインセミナー)
【2月14日】Talent FocusⓇプラクティショナー養成講座
【2月15日】コーチングとは何か?(必要なマインドと基本スキル)(Zoomによるオンラインセミナー)
【2月20日】Talent FocusⓇ詳細解説セミナー(Zoomによるオンラインセミナー)

今後のセミナー

セミナー情報

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 頑張りすぎ
  2. 孫
  3. 徹子の部屋45周年スペシャル
  4. イキイキと働く
  5. 井戸端会議型チーム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

代表挨拶




ACTAS代表 服部 哲茂


ACTASの由来は「行動する」の意味のACTと、「らしく」の意味のasを足した、造語。自分らしく行動してほしいという意味が込められています。

自分らしく行動することで、もてる力をもっと発揮できる。世の中の人がみんな自分らしく行動できれば素晴らしい社会が実現できる。

私たちACTASはそう考えています。

そのための情報発信をしていきます。


最近の記事

  1. 笑顔
  2. 一人称
  3. POYセッション
  4. ギャップの明確化
  5. 願い
PAGE TOP